冬の屋外ワークアウトにおすすめのウェア

購入ガイド

冬のワークアウトにおすすめのNikeウェアで、屋外でのトレーニングを続けよう。

最終更新日:2023年3月13日
この記事は10分で読めます
Nikeおすすめの冬用ワークアウトウェア

寒い時期の屋外トレーニングには、冬のワークアウトに適したウェアが必須。厳しい寒さを気にせずワークアウトに集中でき、快適に取り組める。

冬用のワークアウトウェアを選ぶ際は、屋外の気温、風の冷たさ、天候に加え、取り組む予定の運動レベルを考慮しよう。 さらに状況に合わせて重ね着をすれば、 気軽なハイキングからスプリントトレーニングまで、どんなアクティビティに取り組むときも、さらりとした快適な状態をキープできる。

このガイドで、冬のワークアウトウェアを選ぶポイントをチェックしよう。

(関連記事:季節に合わせた重ね着の方法

冬のワークアウトにおすすめのインナー

1. Nikeのロングスリーブトップス

予定しているワークアウトの強度にかかわらず、まずはインナーとして、速乾性のあるロングスリーブトップスを選ぼう。 寒い環境でのワークアウトには、体温を閉じ込める機能を発揮するNike Therma-FITテクノロジーを取り入れたトップスがおすすめ。 多くのロングスリーブ Tシャツは、手を保温できるサムホールや、ワークアウトで暑くなったときに風通しを調節するためのハーフジップや1/4ジップを備えている。

(関連記事:あらゆるアクティビティに対応する、おすすめのNikeインナー

2. Nikeのレギンスとタイツ

天候に応じてスノーパンツやレインパンツ、ジョガーパンツを重ねて着用しやすいため、ぴったりフィットするレギンスやタイツは、インナーとしても活用できる。 スプリントトレーニングのような高負荷のワークアウトに励む場合は、パンツを重ね履きする必要はないだろう。

体温を閉じ込めるNike Therma-FIT仕様のレギンス(負荷の低いワークアウトに最適)や、速乾性のあるNike Dri-FIT仕様のレギンス(負荷の高いワークアウトに最適)をチェックしてみよう。

(関連記事:Nikeおすすめのウィメンズワークアウトレギンス

冬のワークアウトにおすすめのミッドレイヤー

1. Nikeのパーカーとトレーナー

負荷の低いエクササイズをする場合は特に、寒い環境ではミッドレイヤーをプラスして保温性を高める必要がある。 Nike Therma-FIT素材が体温を閉じ込める、柔らかいフリースのパーカーや、熱をこもらせずに暖かさをキープする素材であるTherma-FIT ADVを使用したロングスリーブトレーニング トップスから選ぼう。

2. Nikeのジョガーパンツ

とりわけ寒い日には、レギンスの上にNikeのジョガーパンツを重ねて保温性を高めよう。 Nike Tech Fleeceのジョガーパンツは太ももにゆとりがあり、インナーの上に重ねて着用しやすいだけでなく、足首を絞ったテーパードデザインで体温を逃がさない。

柔らかいフリースのジョガーパンツや、ワークアウト中に体温を閉じ込めるNike Therma-FITテクノロジーを搭載したスタイルをチェック。

(関連記事:今おすすめのNikeメンズジョガーとウィメンズジョガー

3. 寒い季節におすすめのNikeのベスト

ワークアウトの負荷が低い場合や、高負荷のトレーニングでも極寒の中で実施する場合は、保温性を発揮するミッドレイヤーとしてベストを加えることをおすすめする。 Nike Storm-FIT ADV仕様のベストのような、風雨をシャットアウトする軽量で薄型のベストや、ダウンや合成素材の中綿入りでやや厚みのある、保温性の高いベストを選ぼう。

また、Nike Therma-FIT ACG(あらゆる環境に対応するギア)のベストなら、胴部分の暖かさをキープできるうえ、脱ぎたくなったら付属のポーチに入れて楽に持ち運べる。

冬のワークアウトにおすすめのアウターレイヤー

1. Nikeのレインジャケット

冬の雨の中、高負荷のワークアウトにチャレンジする場合は、インナーの上にレインジャケットを羽織って、モチベーションもさらりとした状態もキープしよう。 Nikeのレインジャケットの多くは、伸縮性のあるゆったりとしたフィット感で、ジョギングやランニングの最中の締めつけ感を抑える。 通気性を調節できるジッパー付きベントを備えたものもある。

(関連記事:ランニングに最適なNikeのレインジャケットの選び方

2. Nikeのウィンドブレーカー

ウィンドブレーカーを着れば、ハードなワークアウトの間も風通しを確保しながら、冷たい向かい風をブロックできる。 心拍数が上がるワークアウトを予定しているなら、インナーの上にウィンドブレーカーを羽織るスタイルがおすすめ。 取り組むワークアウトの強度がそれほど高くない場合は、ミッドレイヤーも着用した上にウィンドブレーカーを重ねて、体を風雨から守ろう。

3. Nikeの中綿入りジャケット

負荷の低いワークアウトに取り組む場合は、厳しい寒さにも負けないよう、Nikeの中綿入りジャケットで装備しよう。 中綿入りジャケットの大半はNike Therma-FIT素材を使用。ウォーキングやハイキングの運動で生まれる体の熱を閉じ込め、暖かさをキープする設計だ。

さらに、撥水加工を施した素材とフード付きのデザインのおかげで、シェルジャケットなしでもトレッキングを続行できる。 ただし、中綿入りジャケットは高負荷のワークアウトには不向きだ。暑くなり過ぎるだろうし、すぐに脱げるわけでもない。

(関連記事:ダウンジャケットのお手入れ方法

冬のワークアウトにおすすめのアクセサリー

1. Nikeのグローブ

寒さのなかでワークアウトに取り組むときは、手足のカバーが欠かせない。 低負荷のワークアウトには、手を心地よく保てるNikeのフリース素材の厚手ミトンがおすすめ。

ハードなワークアウトに取り組むなら、軽量で速乾性のあるナイキ アクセラレイトや、風雨から手を守るナイキ シールド ファントムのような、すっきりとしたデザインのグローブを選ぼう。 どちらのグローブも指先がタッチスクリーンに対応した設計だ。

2. Nikeのキャップやヘッドバンド

ランニングのような負荷の高いワークアウトで額と耳を暖かく保つには、フリースの裏地が付いたヘッドバンドで十分だろう。 一方、負荷が低めの有酸素運動や、極寒の状況でのワークアウトには、Nikeのビーニーがおすすめ。 スカルキャップや、耳や額までカバーできる厚手のニットスタイルなど、多様なビーニーがそろっている。

(関連記事:今おすすめのNikeビーニー

3. 寒い季節におすすめのNikeのソックス

ひざ丈や足首丈などスタイルの好みにかかわらず、保温性のあるソックスは、冬のワークアウトを快適にこなすための必須アイテムだ。 Nikeのソックスは保温性と足裏のクッショニングを兼ね備え、コットンとポリエステルの混紡素材やウールといった通気性の高い速乾素材を使用している。

冬のワークアウトにおすすめのシューズ

1. 悪天候に対応するNikeのランニングシューズ

ぬかるみで負荷の高いワークアウトを行うときも、悪天候に対応するランニングシューズなら足を守りながら前進できる。 冬季に対応するランニングシューズはどれも、ソールにトレッドパターンを深く刻んだ設計で、さまざまな地形や状況に対応する。

ナイキ ペガサス トレイル GORE-TEXのような、アッパーにさらに防水加工を施したモデルや、ナイキ ウィンフロー シールドのような極寒でのジョギング向けに断熱性を高めたシューズもある。

(関連記事:寒い季節のランニングを効果的に:エキスパートお墨付きの4つのヒント

2. Nikeのブーツ

負荷の低いワークアウトで、特に雪の中を歩き回ることがある場合は、Nikeのブーツが最適だ。 防水性のあるGORE-TEX素材や耐久性に優れたレザーを使用し、寒さも雨や雪もシャットアウトする丈夫なブーツから選ぼう。

こういったブーツは、クッション性やフォームミッドソール、踏み出すたびに足裏で衝撃吸収機能を発揮するNike Air Zoomテクノロジーといった、トップクラスのランニングシューズの機能をすべて装備している。

よくある質問

冬のワークアウトに最適な重ね着スタイルとは?

屋外の気温の高低にかかわらず、重ね着をすることで対応できる。 心拍数が上昇すれば、あるいは太陽が顔を出せば、暑くならないよう上着を脱ぎ、 気温が下がったときや、ワークアウトの最後にクールダウンをするときは、また上着を羽織ればいい。

冬のワークアウトウェアに最適な素材とは?

コットンのような乾きにくい素材は避けよう。 寒い環境でのアクティビティでは暖かい服装をする必要があるが、汗が溜まらないよう注意しなければならない。 汗が蒸発するとき体を冷やすおそれがあり、寒い天候の日は危険だ。 Nike Dri-FITのような速乾素材は汗が溜まるのを最小限に抑えるので、効率的に体温を調節できるようになる。

冬に負荷の低いワークアウトに取り組む場合に最適な服装とは?

寒さから体を守るために、フリースやダウンの中綿入りジャケットのような、保温性のあるミッドレイヤーを加えよう。

ウォーキングやハイキングといった低負荷のワークアウトでは、高負荷のエクササイズほど心拍数が上昇しないため、体温も上がらない。 冒険する場所によっては、キャップ類、適度な厚さの手袋、ネックウォーマー、さらに防水性のあるシューズやブーツなどのアクセサリーが役に立つ。

冬に負荷の高いワークアウトに取り組む場合に最適な服装とは?

高負荷のワークアウトには、低負荷のエクササイズより軽めの服装が適している。 ランニングのようなワークアウトでは心拍数が高まり、体温が上昇するため、過度に暑くなる可能性のある厚手のウェアは避けよう。 速乾性のある長袖のインナーを選び、さらに軽量のグローブやヘッドバンドで保温することをおすすめする。 風や雨の悪天候にはシェルジャケットを羽織り、寒さが特に厳しいときはダウン入りベストなどのアイテムで保温性を強化すればよい。

文:ハンナ・シングルトン

公開日:2023年3月3日

関連するストーリー

今おすすめのNikeの冬用ランニングギア

購入ガイド

冬におすすめのNikeランニングギア

Nikeおすすめの冬用ゴルフギア

購入ガイド

寒さに負けずゴルフを楽しむために欠かせないNikeギア

Nikeおすすめの軽量バックパッキングギア

購入ガイド

バックパックを背負うアクティビティにおすすめの軽量Nikeギア

Nikeおすすめの冬のハイキングギア

購入ガイド

冬におすすめのNikeのハイキングギア

季節に合わせた重ね着の方法

購入ガイド

季節に合わせた重ね着の方法