Cyber Week セール ナイキメンバー限定

対象クリアランス商品がさらに30%OFF。
11月29日まで。詳細はこちら

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

Reuse-A-Shoe

ランナーのためのリサイクルプログラムに参加してクーポンを手に入れよう

期間中、NRCアプリの画面を店舗スタッフに提示すると、ランニングシューズに使える5% OFFのクーポンをプレゼント。さらに、履かなくなったランニングシューズを店舗に持ち込んでくれた方に5% OFFのクーポンをプレゼントで、最大10% OFFのクーポンをプレゼント。

さあ、履かなくなったシューズを店舗に持ち込んで、炭素・廃棄物排出量ゼロの実現と、スポーツの未来を守るための取り組みに参加しよう。

プロモーション期: 2021年10月13日(水)〜2021年11月2日(火)

Reuse-A-Shoe 回収対象シューズ: ランニングシューズ ※ブランドは問いません。

実施店舗: Nike Harajuku, Nike by Shibuya Scramble, Nike Kichijoji Running, Nike Osaka, Nike Fukuoka

クーポンをご使用いただけるシューズ: 当該店で購入できるランニングシューズ ※キッズランニングシューズは除きます。

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

注意事項

  • 本クーポンのご使用は、当日、かつ当該店でのお買い物に限ります。
  • 本クーポンは他のクーポンと併用できない場合があります。
  • 本クーポンはNikeアプリ、NRCアプリ、Nike.comでは使用できません。
  • 本クーポンは『Reuse-A-Shoe(リユース・ア・シュー)』のみの利用では発行しません。NRCアプリのダウンロードが必須になります。
  • 本プロモーションは予告なく終了する場合があります。

『Reuse-A-Shoe(リユース・ア・シュー)』は1990年代にナイキが独自にスタートした、不要になったスニーカーやシューズを回収・リサイクルするプログラム。回収されたシューズは分解や粉砕してリサイクル素材『ナイキグラインド』へ。そして、新たなナイキ製品はもちろん、バスケットコートや陸上トラックなどスポーツの未来へと生まれ変わる。もう履いていないシューズがあったら、ナイキグラインドにリサイクルして、未来のアスリートのために役立てよう。

Talking Trash - ビリーとアヤナがゴミについて考える:気候変動に関する対話

4月22日は、地球環境について考え、行動する記念日「アースデー(地球の日)」。
シンガーソングライターのビリー・アイリッシュが、海洋生物学者で気候専門家のアヤナ・エリザベス・ジョンソン博士と対談。自分の全力を注ぐこと、意見を主張すること、そして未来に対してポジティブな姿勢を貫くことが大切だと語る。

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

Talking Trash - ビリーとアヤナがゴミについて考える:気候変動に関する対話

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

4月22日は、地球環境について考え、行動する記念日「アースデー(地球の日)」。
シンガーソングライターのビリー・アイリッシュが、海洋生物学者で気候専門家のアヤナ・エリザベス・ジョンソン博士と対談。自分の全力を注ぐこと、意見を主張すること、そして未来に対してポジティブな姿勢を貫くことが大切だと語る。

最新情報

みんなで学んで、みんなで行動しよう。MOVE TO ZEROの最新情報をチェック。

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

最新情報

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

みんなで学んで、みんなで行動しよう。MOVE TO ZEROの最新情報をチェック。

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

Move to Zeroは、二酸化炭素の排出量を
ゼロにすることを目指し、スポーツの
未来を守る取り組みです。世界中全ての
アスリートに尽くすことがナイキの
存在意義であるならば、地球環境を
守ることはナイキの使命でもあります。
この取り組みに、ゴールはありません。

企業理念

企業としての理念が重要であることから、Nikeは素材の調達、処理、製造の方法において大きな転換を図ってきました。

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero
ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

Move to Zeroは、二酸化炭素の排出量をゼロにすることを目指し、スポーツの未来を守る取り組みです。世界中全てのアスリートに尽くすことがナイキの存在意義であるならば、地球環境を守ることはナイキの使命でもあります。この取り組みに、ゴールはありません。

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero
ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

企業としての理念

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

企業としての理念が重要であることから、Nikeは素材の調達、処理、製造の方法において大きな転換を図ってきました。

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

サステナブルな商品をチェックしよう

「サステナブル素材」という表示のあるアパレル製品は、再生素材が重量で50%以上、同じラベルのついたシューズでは20%以上使用されています。

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

サステナブルな商品をチェックしよう

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

「サステナブル素材」という表示のあるアパレル製品は、再生素材が重量で50%以上、同じラベルのついたシューズでは20%以上使用されています。

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

このロゴは、Move to Zeroの取り組みの小さな一歩を示す。
Nikeアプリで最新情報を受け取ろう。

ナイキのサステナビリティへの取り組み。Move to Zero

このロゴは、Move to Zeroの
取り組みの小さな一歩を示す。
Nikeアプリで最新情報を受け取ろう。