ビーズの役割は何か?

ビーズは柔らかく弾力があり、辛いランニングも楽に感じさせてくれるように設計された画期的な新しいクッショニングシステムの核になっている。

さらに柔らかなクッショニングシステム

柔らかく快適な足どりを実現するため、ちょうどいい大きさ、形、感触のビーズを見つけるのに何年もこだわり続けた。歩いたり走ったりするごとに、10,000個以上のビーズが足の周りにパーソナライズされたクッショニングとサポートを生じさせ、前進するために反応良く跳ね返る。

より衝撃吸収を高めるシステム

柔らかな履き心地は足が楽なだけではなく、体全体に快適さをもたらす。ナイキ ジョイライドのクッショニングシステムは、ナイキのランニングシューズで最も信頼されているナイキ エア ズーム ペガサス 36とナイキ エピック リアクト フライニット2と比較して14%も衝撃吸収率が高い。

「私は、おそらく10個ぐらいのバージョンのナイキ ジョイライドをテストして、フィードバックしたわ。 最終の製品に自分の意見が反映されているのは、とてもうれしかった。ナイキ ジョイライドは私のレース前のウォームアップランシューズにもぴったりなの。」

シャレーン・フラナガン(マラソンチャンピオン)

「私は、おそらく10個ぐらいのバージョンのナイキ ジョイライドをテストして、フィードバックしたわ。 最終の製品に自分の意見が反映されているのは、とてもうれしかった。ナイキ ジョイライドは私のレース前のウォームアップランシューズにもぴったりなの。」

シャレーン・フラナガン(マラソンチャンピオン)

いつもフレッシュな気持ちで走ろう

ナイキ ジョイライドはすべてのレベルのランナーが様々なステージで使えるように設計されている。脚と足がフレッシュに感じられるから、たとえ昨日今までで一番長い距離を走ったばかりだとしても、あるいは人生初のランニングをしたばかりだとしても、また走りたくなるだろう。

ナイキ ジョイライド ラン フライニット

商品を見る

ナイキ ジョイライドのデザイン背景

ナイキ ランニング シニアプロダクトマネージャーのウィル モロスキがナイキ ジョイライドのデザインの裏側をインスピレーションから完成まで紹介。

ランニングを楽に感じるという方法をみつけるというランナーのよくある要望からはじまった。これはとても大きな問題で
あり、クリエイティブで画期的な解決方法が必要だった。年月を要したが、ウィル モロスキと彼のチームは大いに楽しみな
がら問題を解決していった。

「どのランナーも同じ問題に直面する。 路面から受ける衝撃力だ。私たちは、 まったく新しいクッショニングシステムが必要だとわかった。」

ウィル・モロスキ(Nike Runningのシニアプロダクトラインマネージャー)







「どのランナーも同じ問題に直面する。路面から受ける衝撃力だ。私たちは、まったく新しいクッショニングシステムが必要だとわかった。」

ウィル・モロスキ (Nike Runningのシニアプロダクトラインマネージャー)

ランニング

ランニング

スポーツウェア

スポーツウェア