最新のプロダクト、特別なサービス、限定コンテンツが集結。

オーバープロネーションに最適なシューズの特長

購入ガイド

ランニング中に足が回内する人は、オーバープロネーション向けのサポート性と安定性に優れた快適なシューズに投資しよう。

最終更新日:November 18, 2021
この記事は8分で読めます
オーバープロネーションの足におすすめのシューズとは

歩いたり走ったりするときに足が回内する人は、オーバープロネーションの可能性がある。これは、最もよく見られる歩き方だ。 このような場合は、快適に走り続けるために、サポート性に優れたランニングシューズに投資しよう。

歩いたり走ったりするときは、足の中央部で着地するのが理想的だ。 足の中央部で着地すると、体重が均一に分散され、衝撃が均等に吸収される。 また、足が15%回内すると、足のアーチが自然と平らになる。 これにより最大限に衝撃を吸収し、足首と脚を一直線に保つことで怪我を防止できる。 これはニュートラルプロネーションといわれる。

しかし、大多数の人はオーバープロネーションの傾向があると推定されている。 オーバープロネーションとは、着地の衝撃が加わったときに、足が15%の適度な回内ではなく過剰に回内することをいう。 かかとの外側で着地すると、アーチがつぶれるときに足の内側の縁に沿って体重が伝わり、足を踏み出す際に親指と人差し指に圧力がかかる。

オーバープロネーションに最適なシューズの選び方

いくつかのシューズは、オーバープロネーションを念頭に置いてデザインされている。 これらは過剰に回内する癖を矯正し、優れたクッション性を発揮してアーチをしっかりサポートしてくれる。

オーバープロネーション向けの安定性に優れたシューズは、ミディアルポストと呼ばれるミッドソールの運動制御機能を加えることで足を安定させる。ミディアルサポート(ミッドソールに使用される硬い素材)には、足、足首、脚部を一直線に保つ効果がある。 これにより、足を踏み出す際に親指に過剰な圧力をかけることなく、かかとからつま先へと滑らかに足を動かすことができる。

Nikeのサポート性に優れたシューズは、衝撃吸収性を最大限に高めるようデザインされているほか、幅広の前足部で安定性を確保し、曲線的なアウトソールでかかとからつま先への体重移動をサポートする。 オーバープロネーションに最適なシューズを購入する際は、以下の特長を備えた一足を探そう。

計算して配置されたクッショニング

オーバープロネーションのランナーには、特別なクッショニングテクノロジーが必要だ。 Nike Reactフォームのように、柔らかくて反発性があり、安定性にも優れたフォームを搭載したシューズを探そう。 これで、ストライドのたびにエネルギーリターンを減衰させることなく衝撃を吸収することができる。

Nike Reactフォームは、足を踏み出すたびに衝撃を吸収し、元の状態に戻る際に反発性を発揮する。ストライドを繰り返し、距離を重ねても、履き心地は変わらない。 しかも、Nikeの中で最も長持ちするフォームだ。

耐久性と安定性

柔らか過ぎるシューズを履くと、足が回内する生まれつきの癖が悪化してしまう。 重要なのは、シューズによって足を常に安定させることだ。

ナイキ ズーム ストラクチャー ランニングシューズは、ミッドソールに3種類の密度のダイナミックなサポートシステムを備えている。 このシステムでは、向かい合わせに配置された密度の異なるくさび状のフォームによってプロネーションを緩和する機能を採用しているほか、 非対称のNike Flywireケーブルで足を包み込み、かさばることなくサポートする。

硬いアーチサポート

足が回内すると、アーチはつぶれてしまう。 アーチを自然な状態にして保護するためには、硬いミッドソールを搭載した、サポート性に優れたシューズが必要だ。 これにより、足の角度が改善され、効率的に走れるようになる。

ロッキングチェアのような形状で、かかとからつま先へ滑らかに体重移動できるシューズを選ぼう。 これにより、足が地面から離れるときの柔軟性、足を前に動かすときの滑らかさ、着地時にアーチをサポートするクッション性といった、ランナーのストライドの3つの段階をサポートする。

強化されたヒールカウンター

安定性に優れたシューズによくある特長として、ヒールカウンターを強化し、長距離ランでもオーバープロネーションの足を最大限にサポートするようデザインされていることがあげられる。 「ヒールカウンター」とは、足のずれを軽減してストライド時の安定性を高めるためにシューズ後部に配置されたパッドと裏地を指す。 オーバープロネーションのランナーは安定性の低いシューズを履くと足首の回内や痛みが生じるため、ヒールカウンターが必要不可欠だ。

オーバープロネーションであるかを確かめる方法

自分の歩き方については詳しく分からない人もいるだろう。 しかし、足の痛みや膝の問題に悩まされている場合、その原因は歩き方にあることが多い。 自分がサピネーション、オーバープロネーション、またはそれらとは異なる別のカテゴリーのどれに属しているのか分からない人は、以下の簡単なガイドを参考に、自分がオーバープロネーションかどうかを確認しよう。

  1. 1.踏み出し方をチェック

    まずは、歩行分析を行える足専門医や理学療法士に相談しよう。 近くに足専門医がいない場合は、自分の歩き方や走り方を録画して診察してもらうとよい。 足が回内していることが分かれば、それはオーバープロネーションのサインだ。

    また、歩行分析で注目すべきもう一つのオーバープロネーションのサインとして、変形性膝関節症(通称:X脚)があげられる。 足の過剰回内によって膝の位置がずれ、内方向に変形してしまうのだ。 重度のオーバープロネーションは、鏡で見ることで確認できる。

  2. 2.自分のシューズを調べてみる

    履き慣れたランニングシューズをよく観察してみるという方法もある。 片側が逆の側面と比べて摩耗していないだろうか? 内側の縁(特に親指の下)の摩耗が進んでいれば、それはオーバープロネーションのサインだ。 また、シューズがひどく摩耗しているなら、買い替えのタイミングかもしれない。

  3. 3.ウェットテストを行う

    乾いたコンクリートや包装紙の上を濡れた足で歩き、足跡をチェックしよう。 足とアーチの外形がはっきりと分かる場合は、アーチがつぶれているため、オーバープロネーションの可能性がある。 適度な回内の場合は、アーチの外形が薄く表れる。これは、アーチが柔軟でつぶれていないことを示している。

よくある質問

オーバープロネーションを矯正するには?

オーバープロネーションの治療に不可欠なのは、適切なフットウェアを履くことだ。 十分なクッション性のないランニングシューズを履くと、オーバープロネーションが悪化する恐れがある。 アーチと足首がずれないようにしっかりとサポートしてくれるシューズを選ぼう。

また、オーバープロネーションの場合、ランニングシューズの内側の縁に過度な摩耗の兆候が現れたら買い替えることが重要だ。 ソールが擦り減るだけでも、問題が悪化してしまう。

適切なフットウェアを履くこと以外にも、足のアーチと周辺の筋肉を鍛えるエクササイズによってオーバープロネーションを治療できる。 例えば、以下のエクササイズがおすすめだ。

  • アウトワードロール:足を腰幅に広げて立ち、少しずつ両足の外側に体重をかけて ゆっくりと内側に戻す。 これを10回繰り返す。
  • 着座ふくらはぎストレッチ:床に座って足を前方に伸ばし、つま先、足首、または脛に向かって手を伸ばす。 これにより、オーバープロネーションが原因でこわばったアキレス腱をほぐすことができる。
  • アーチフレックス:足を床にぴったりとつけ、アーチに向かって足の親指、小指、かかとを丸める。 その状態を10秒キープし、これを10回繰り返す。
重度のオーバープロネーションに最適なシューズは?

重度のオーバープロネーションに適したシューズを購入する際は、Nike Reactテクノロジーが搭載されているシューズを探そう。 内側の縁のクッション性が強化されているため、バランスの悪いストライドを矯正し、より適切に体重を分散してアーチをサポートすることができる。

オーバープロネーションの原因は?

過剰な回内は、偏平足と関係している。 偏平足は、遺伝か、足が柔軟過ぎてアーチ構造の硬さが損なわれることによって生じる。 アーチは、構造を維持して過剰な回内を防止し、着地による衝撃が加わったときのみ平らになるのが望ましい。

オーバープロネーションによって引き起こされる問題は?

多くの専門家が、オーバープロネーションはアキレス腱炎、足底筋膜炎、シンスプリント、かかとや足の痛み、筋肉、靭帯、腱の損傷などの怪我の原因になると指摘している。 足の過剰な回内は、脛骨、大腿骨、骨盤帯の歪みにつながる。

2007年1月の「Gait & Posture」に掲載された研究結果によると、足が2~3度回内すると歩行時の骨盤傾斜が50~75%増大する。 骨盤の傾斜は、腰、ヒップ、脚の痛みだけでなく、歩き方の問題や下半身の怪我とも関係している。

オーバープロネーションは危険なのか?

オーバープロネーションによって足、足首、膝、骨盤が内方向に変形することで、ランニングによる怪我のリスクが高まる。 また、下肢や腰椎の痛み、バランスの乱れが生じる可能性がある。 しかし、オーバープロネーションは最もよく見られる歩き方であり、症状が現れないこともある。

関連するストーリー

ランニングシューズのフィットとは

購入ガイド

ランニングシューズのフィット感を確かめるには:選ぶときのチェックポイント

理想的なボリュームのランニングシューズの選び方。

購入ガイド

適切な重さのランニングシューズの選び方

トレイルランニングシューズとランニングシューズの違いは何ですか?

購入ガイド

トレイルランニングシューズとランニングシューズはどう違う?

サピネーションに最適なランニングシューズの選び方

購入ガイド

サピネーションに対応するランニングシューズの選び方

幅広の足におすすめのシューズを見つける方法

購入ガイド

幅広の足にぴったりのシューズを選ぶには