パリのストリートボールを撮影し、バスケットボールカルチャーの魅力を伝える気鋭の映像作家

アスリート*

市街地のコートで、バスケットボールの魅力を再発見。ドキュメンタリー作品が話題のミスター・パリスをご紹介。

最終更新日:2021年10月26日
この記事は5分で読めます
パリのストリートサッカーをテーマに活躍する、新鋭映像作家ラミン・コンテの紹介

「スナップショット」シリーズでは、世界中のコミュニティで活躍するアスリートを取り上げている。

「スナップショット」シリーズでは、世界中で活躍する地域のアスリートを取り上げている。

バスケットボールはワールドスポーツだ。それでも世界各地の屋外コートでは、さまざまなローカルルールが通用している。ここパリにも、独自の情熱的なプレースタイルがある。ラミーヌ・コンテ(別名ミスター・パリス)は、生まれ育ったパリで屋外コートのドキュメンタリー作品を撮影する23歳の映像作家。サイドラインから撮影したり、自分自身もプレーしたりしながら、この街だけのスタイルを表現している。パリ中で前触れもなく始まるゲームを渡り歩き、バスケットボールの音、エネルギー、スタイルを拾い上げる。それはパリの真実を伝える決定的瞬間の連続だ。ストリートでプレーされているコミュニティスポーツが、ダイレクトに表現されたポートレイトのような世界である。

パリ19区のスターリングラード。ゲームの合間に休憩中のラミーヌは、公園のベンチに足を上げて座っていた。話をしている間にも、プレーヤーや通行人が立ち止まってラミーヌに挨拶をしていく。そしてラミーヌはまた立ち上がる。次のゲームが始まるのだ。

ずっとバスケットボールが好きだったの?

サッカーばかりやっていた頃もあるよ。中学生の頃は、大半の友達がバスケットボールをしているのに、僕はずっとサッカー派だった。バスケットボールは背が高い連中のスポーツだと思っていたし、当時の僕はまだ背が低かったから。でも14歳になってバスケットボールに目覚め、それからはバスケ一筋だよ。遅咲きで、大器晩成型なのかな。チームに入るのも遅かったし、上手くなるのにも時間がかかった。やっと期待をかけてくれるコーチが現れたのは16歳のとき。元バスケットボール選手で、地域のメンターであるモハメドさんだった。もう10代半ばなのにスキルもない僕を、指導するのは大変だったと思う。でもコーチは、僕の向上心とモチベーションに気づいてくれたんだ。すべてが変わったのは、ある年の夏のこと。上達が実感できたから、腕試しをしたくなった。そこでアメリカのサマーキャンプとAAUバスケットボールに参加したんだ。

プレースタイルでいうと、どんなタイプ?

どちらかというと、攻撃的なプレーヤー。ミドルシュート、スリーポイントシュート、ドライブなどのアタックが大好き。ディフェンスはそんなに得意じゃない。コートでは駆け引きを楽しんでいるよ。

パリのストリートサッカーをテーマに活躍する、新鋭映像作家ラミン・コンテの紹介
パリのストリートサッカーをテーマに活躍する、新鋭映像作家ラミン・コンテの紹介
パリのストリートサッカーをテーマに活躍する、新鋭映像作家ラミン・コンテの紹介

映像の製作を始めたきっかけは?

パリの遊び場でプレーされている、対抗心むき出しのバスケットボール。その本質を記録したいと思ったのがきっかけだった。最初にアップロードしたのは、ダンクシュートを決めてコートを駆け戻りながら相手に野次を飛ばしているビデオ。そのビデオがTwitterで拡散されて、一晩でこのプロジェクトが本格的に動き出してしまった。SNSには疎いのに、ロゴ、ハンドルネーム、動画編集などを数日で完成させなければいけなかったんだ。臨場感のある映像を撮るために、ゲームではなるべくプレーヤーにマイクを着けてもらっているよ。自分自身も全力でプレーするけど、プレーと同レベルの情熱でゲームを記録することが重要。そのエネルギーを自分のプレーに持ち込むし、サイドラインからは派手に野次も飛ばす。アメリカでのバスケットボール体験から学んだのは、いつも人々に楽しんでもらえるようにすることかな。

「最初にアップロードしたのは、ダンクシュートを決めてコートを駆け戻りながら相手に野次を飛ばしているビデオだった」

パリのストリートサッカーをテーマに活躍する、新鋭映像作家ラミン・コンテの紹介

パリで恒例のストリートバスケットボール大会「Quai 54」は、どんなイベント?

世界最高のストリート大会を創設してくれたアマドゥーヌ・シジベに、大声で感謝の気持ちを伝えたいよ。Quai 54は、ここパリでバスケットボールをプレーするみんなの誇りなんだ。信じられないほどレベルが高く、雰囲気も最高なのは周知の事実。主催者のメンバーとは知り合いだし、アマドゥーヌはクールな男だよ。僕のことは見下しているけどね。でもそれは、愛のある野次みたいなものなんだ。いつか大会に出場してみたい。あのトーナメントは、パリの僕たちが愛するバスケットボールそのもの。いつもエネルギーいっぱいで、楽しくて、観客も素晴らしいから。

写真:マニュエル・オバディア-ウィルズ

報告:2020年9月

関連するストーリー

フランス出身のサッカー選手フロリン・クエッサンとウィッチFC

Athletes*

魔法のようなパワー:パリ随一のクリエイティブなクラブに旋風を巻き起こす女子サッカープレーヤー

レニー・モンゴメリー:小さな行動が、大きな流れにつながる

Athletes*

レニー・モンゴメリー:小さな行動が、大きな運動を育てる

メキシコシティでストリートサッカーの腕を磨くアラン・ランデロス

アスリート*

パフォーマンスアート:メキシコシティの少年がサッカースキルの限界を目指すようになるまで

Snap Shots:アドレナリンを追い求めるレオノラ・マンサノ

アスリート*

アドレナリンを求めて:ランニングに出会って変わった、レオノーラ・マンサーノの生活スタイル

驚きのパワーで魅せる、メキシコのラグビー選手マリア・プルーイン

アスリート*

偏見に挑み、前例を覆すメキシコのラグビー選手