デッドリフトにおすすめのNikeシューズとは?

購入ガイド

ランニングシューズは、筋力トレーニングであるデッドリフトには適していない。 デッドリフトのためだけに開発されたシューズが、安全と成功に重要な役目を果たす理由について解説しよう。

最終更新日:2022年9月7日
この記事は6分で読めます
デッドリフトにおすすめのシューズとは?

エクササイズのルーティンに筋力トレーニングを効果的に加えたい場合、ぜひ試してほしいのがデッドリフトだ。 デッドリフトは、全身ワークアウトの要素として組み込まれることが多いほか、パワーリフティング競技で選手が行っているのをよく目にするエクササイズの一つでもある。

複数の筋肉を鍛えられる効果的なエクササイズであり、安定性やバランス感覚の強化にも役立つ。 しかし、このエクササイズの効果を最大限に高めるためには、ジムに行く前に適切なデッドリフトシューズを用意する必要がある。

デッドリフトで使う筋肉群

デッドリフトは、スクワットと同様、身体に多くの効果をもたらすエクササイズであり、 以下の筋肉群が鍛えられる。

  • 臀筋
  • 下半身
  • コア
  • 背中

デッドリフトは、体の背面をターゲットにした数少ないウェイトリフティングエクササイズの一つだ。 他のエクササイズでは、体(特に脚)の前面に負荷をかけることが多い。 体の前面を鍛えるのも重要だが、背面の筋肉群を活性化させると腰痛を抑えるのに役立つ。

実際、スクワットとデッドリフトには、筋肉に抵抗を加えることで、特に骨密度を改善する効果がある。 このメリットを得るためにも、ぜひ適切なウェイトリフティングシューズを用意して、正しいフォームを身につけよう。

適切なデッドリフトシューズの着用

デッドリフトでは特に足に負荷がかかるため、適切な種類のトレーニングシューズを履くことが重要だ。 トレーニングシューズなら何でもよいと思うかもしれないが、デッドリフトの場合は少々訳が違う。 実際に、有酸素運動と筋力トレーニングの両方をするためにジムに行くときなど、2足以上のシューズをバッグに入れて持っていこうかと悩んだことはないだろうか。

良いデッドリフトシューズは、デッドリフト特有の足の使い方に対応する。 他のエクササイズと異なり、デッドリフトでは足をしっかりと固定したまま、体の他の部位を動かさなければならない。 そのニーズに応える、良いデッドリフトシューズの条件は次のとおり。

  • 他のランニングシューズやトレーニングシューズによく見られるような厚めのクッショニングやパッドを底に備えていない、ミニマルなデザインであること。 デッドリフトのエクササイズでは、足をフラットにして、できる限り足とフロアの距離を近づける必要がある。

  • ずれを最小限に抑える、完全にフラットなソール。 ウェイトリフティング中に足が滑ると非常に危険なので、ヒールの高いシューズは避けるべきだ。

  • 足首とアーチ周りをしっかりサポートする、ストラップ付きの履き口。 他の種類のエクササイズと異なり、デッドリフトではこの2つの部位を使う。

これらの特性はデッドリフトシューズ固有のものといえる。そのため、ランニングシューズやウォーキングシューズと並べると、デッドリフトシューズは見た目も個性的で、 探せばすぐに見つけられるはず。 デッドリフトに最適なNikeシューズを確認したい人は、メトコン、ロマレオス、サバレオスを検索してみよう。

ランニングシューズはデッドリフト向けにデザインされていない

デッドリフトでは足の特定の部位(足首とアーチ)にストレスがかかるため、良いデッドリフトシューズは、それらのエリアのサポート性をピンポイントで強化したものであるべきで、その点が他のシューズとは全く異なる。 しかし、ジムではランニングシューズを履くのが一般的になっているため、トレッドミルを終えた後、ウェイトリフティングシューズに履き替えることなくウェイトトレーニングを始める人がいる。 これが望ましくない理由はいくつかある。
  1. 1.デッドリフトをするとき、ランニングシューズを履いて行うとバランスが崩れる恐れがある。

    ランニング用にデザインされたシューズは、ランニングの動作に対応するために、前後の動きをサポートするようにできているからだ。 デッドリフトをするには、足をフラットに床に密着させ、動かないようにするシューズが必要。

  2. 2.ランニングシューズに搭載されているクッショニングの量も、デッドリフトには適していない。

    デッドリフト中は、できる限り足と地面の距離を近づけた状態にすることが最も安全だ。 ほとんどのランニングシューズは、連続するステップの衝撃を吸収するために底に厚みのあるクッショニングを備えている。 そのため、デッドリフトを行うときに着用すると、バランスを維持するのが難しくなることがあるのだ。

  3. 3.ランニングシューズは軽すぎる場合が多い。

    ランニングシューズの素材は、多くの場合、ランニングに必要な動きやすさを確保するために、通気性と軽さを追求してデザインされている。 これに対し、デッドリフト専用シューズは、重さがあり、合成皮革とフラットなラバーソールがよく使用される。 しっかりした、ヘビーな構造のシューズはデッドリフト中に身体にかかる極度の負荷をサポートするのに役立つ。

  4. 4.ランニングシューズは、足のさまざまなエリアをサポートする。

    しかし、ここで注意しなければならないのは、足首のサポート性と動かしやすさだ。 ランニングシューズは、デッドリフトでバランスを維持するために必要な足首周りの性能を重視してデザインされていない。 足首の動かしやすさが不十分だと、失敗や負傷のリスクが高まる。

  5. 5.ランニングシューズを履くと、ウェイトをより重く感じる。

    わずかな違いのように思えるかもしれないが、ランニングシューズのクッショニングは数センチの厚みがあるため、地面からウェイトを上げて下ろすまでの距離が長くなる。 そのため、1回目は何の影響もないように感じても、レップを重ねるうちに負荷が蓄積されていく。 距離が長くなることで、ワークアウトをこなすのが少しだけ難しくなっていくのだ。

デッドリフトの正しいやり方

デッドリフトでは一般的にバーベルやウェイトを使うが、抵抗を加えられるツールなら何でもよい。 たとえば、ケトルベル、ダンベル、ヘックスバー付きのバーベル、レジスタンスバンドがある。 まずは軽めのウェイトから始めて、正しいフォームを身につけよう。 次に、適切なフォームを維持するように注意しながら、徐々に重さを増やしていくとよい。
デッドリフトの正しいやり方:初めに、足を腰幅に開いて立つ。 地面に置いたバーベルの バーの下につま先を入れる。 背すじを伸ばし、肩をリラックスさせ、順手でバーをつかむ。


コアを腰、脚、臀筋とともに使って、バーを上げていく。 直立姿勢になるまで持ち上げて、視線を前に向ける。

バーを体から離さないようにしながら下ろす。 もう一度リフトを行う前に、完全に全重量をフロアに置く。

関連するストーリー

ナイキおすすめのウエイトリフティングシューズ

購入ガイド

Nikeのおすすめウェイトリフティングシューズ

最適なトレーニングシューズの選び方

購入ガイド

適切なトレーニングシューズを見つけるための簡単ガイド

Nikeがおすすめするクロスフィット用シューズ

購入ガイド

クロスフィットに最適なNikeシューズ

Nikeがおすすめするサイクリストへのギフト11選

購入ガイド

Nikeがおすすめするサイクリストへのギフト11選

Nikeおすすめのラクロススパイク5選

購入ガイド

あらゆるプレースタイルに対応するNikeおすすめのラクロススパイク5選