コーチングと食事

罪悪感ゼロの食生活

By Nike Training

罪悪感ゼロの食生活

食事に対する考え方を見直そう。

健康的な食生活を目指している私たちにとっては理不尽なことだが、アルコール、スイーツ、脂っこい食事を思いっきり楽しんでいるときこそ、パートナー、友だち、家族との社会的なつながりを感じられることがあるのだ。可能な限り新鮮な自然食品を食べることが重要なのは間違いない。目標は90%。残りの10%で食事やその時間を楽しんで、罪悪感なく健康的な食事を続けていこう。

「食事やその時間を楽しんだ後、罪悪感を感じることなく、うまく切り替えよう」

計画を100%守れなかったときに、罪悪感、怒り、後悔を捨て去ることは、とても重要だ。何かを食べることでネガティブな感情が生まれ、目標とは反対方向のスパイラルに陥ってしまうことは避けたい(「どうせすでにワッフルを食べて一日を台無しにしてしまったのだから、夕食にはハンバーガーとフライドポテトを食べよう」となることはないだろうか)。

自分を責め、負のスパイラルに陥り、努力を諦めるのではなく、次は以下のいずれかの作戦を試してみよう。

  1. 1つだけ選ぶ。
    自分にたくさんのご褒美を与える必要はない。1つだけ贅沢をするようにしよう。すべてではなく、例えばワイン1杯、フォカッチャ1個、チョコレートケーキ1切れのいずれかを選ぶとよい。そうすれば、自分にご褒美を与えても、計画が完全に狂うことはない。
  2. 替わりのものを選ぶ。
    大きなフレンチトーストを食べることで、その選択や自分自身に対する後悔が一日中続くと思うなら、その選択は適切ではない。アボカドトーストなど、贅沢感がありながらも、負のスパイラルに陥るきっかけになることのない食事をしよう。
  3. 喜び、楽しむ。
    好きなものを食べ、満喫したら、また普段の食生活に戻ればいい。ドーナツを食べたいなら、後悔することなく堪能し、ドーナツを食べられた喜びをかみしめる。そして、一日の残りの時間は健康的な選択をしよう。

長期的な成果を得るためには、完璧を求めて一度にすべてを見直すのではなく、小さなことから始め、少しずつ変更していく必要がある。運動やマインドフルネスに練習が必要なように、食事とのかかわり方にも練習が必要なのだ。

罪悪感ゼロの食生活

Nike Training Clubに参加しよう

世界トップクラスのエキスパートとトレーナーにアクセス。アクティブな生活と健康な心身をキープしよう。

罪悪感ゼロの食生活

Nike Training Clubに参加しよう

世界トップクラスのエキスパートとトレーナーにアクセス。アクティブな生活と健康な心身をキープしよう。

関連するストーリー

キッズにも休養日が必要?

コーチング

トレーニングの合間に体をリセットするには

リカバリーを促進するスイカのスムージー

コーチング

リカバリーを促進するスイカのスムージー

ランナーの健康な食事に役立つ8つのヒント

コーチング

ランナーにおすすめ。ヘルシーな食生活のための8つのヒント

ランナーに必要な水分量

コーチング

ランナーに必要な水分量

ランニング前、途中、ランニング後の栄養補給

コーチング

ランニングの前後とランニング中の食事法