一部直営店舗の臨時休業に関するお知らせ

ナイキ リアクト インフィニティ ラン特別インタビュー

Vol.1 中村匠吾

様々なフィールドで活躍するランナーがナイキ リアクト インフィニティ ランを履き、感想を語る全4回のシリーズ。最初の体験者は、いま日本中の大きな期待を背負う中村匠吾。1月30日発売のナイキ リアクト インフィニティ ランは、「怪我ゼロ」を目指したナイキの挑戦の第一歩だ。ランナーへのインタビューとともに、シューズのイノベーションについても解説する。

Q.普段はトレーニングシューズにズーム系のシューズを履かれているとのことですが、ズーム系のものと、このリアクト インフィニティの違いはどう感じましたか?

「ソールが厚い割にはしっかり反発力があるシューズだなっていう風に感じました。」

イノベーションポイント1:

リアクト素材は柔らかさと同時に反発力があり、軽量なのに耐久性に優れているというランニングにとって今まで実現が不可能だと思われていた理想的なクッション素材。リアクト インフィニティは前モデルのエピック リアクトの時よりも、リアクトの素材を24%増やすことで、ランナーが求める柔らかなクッションを実現した。

Q.ソールがロッキングチェアのような形になっていて、かかとで着地して、つま先で蹴り出すまで、スムーズに足運び出来るようなデザインになっていることについて何か感じましたか?


「そうですね、特にスピードを上げた練習で履いたときは、かかとから入って、スムーズにつま先の方に流れるような感じがあったので、スピードはスゴく出しやすかったです。」

イノベーションポイント2:

ソール形状がロッキングチェアのようになっており、着地から爪先で蹴り出すまでのスムーズな足運びを実現した。体重を微かに前に傾けさせ、かかとから中足部、そして前足部への体重移動を促し、ランナーに自然な推進力を与えてくれる。

Q.シューズ選びでは何を意識しますか?

「すごく慎重に選びます。新しいモデルが入ってきたら、最初は慎重にジョギングなどで試しながら、良いシューズを選んでる感じですね。マラソン練習でだんだん追い込んでいく時期は、接地のときに足がブレやすくて、故障にも繋がってくることが多いので、そこをサポートしてくれるシューズを選ぶこともあります。」

第三者機関が226名のランナーに行なった研究では、ナイキ エア ズーム ストラクチャー 22と比較して、ナイキ リアクト インフィ二ティ ランは怪我の発生率が52%減少しており、膝や足の痛みが少なくなったことをランナーが実証している。

※「怪我」の定義は、参加者の判断により、ランニング関連の痛みで、3日もしくはそれ以上連続してランニングができなかったことを指します。

イノベーションポイント3:

ミッドソールの幅を広げたことにより、着地から蹴り出しまでのプロネーションを制御し、安定した体重移動を可能にした。

Q.怪我を予防するために心がけていることはなんですか?

「しっかりストレッチを行ったりだとか、練習強度がやはりマラソンは高くなってくるので、その日にしっかり疲労を抜いたり、マッサージもそうですけど、交代浴したり、アイシングをうまく使いながら、疲労をなるべくその日にとるように努力しています。」

Q.リアクト インフィニティ ランをトレーニングに取り入れるなら、どんなトレーニングで使いたいですか?

「ジョギングのような軽い練習のときはもちろんですけど、ペースランニングだったり長い練習でも、反発があって履きやすいシューズだと思うので、その辺りにも取り入れ行きたいなと思います。」

中村匠吾

高い志を胸に、高校時代からトップレベルを走り続けてきたエリートランナー。ベルリンではキプチョゲと一緒に走り、世界記録のスピードを目の当たりにした。2019年9月のマラソングランドチャンピオンシップでは、優勝。PBは、2時間8分16秒

他のストーリーを見る

ナイキ リアクト インフィニティ ラン

ナイキ リアクト インフィニティ ラン

ナイキ リアクト インフィニティ ラン