テニス肘の特徴と治療法 エキスパートの解説

健康とウェルネス

痛みはゲームに影響を与えるか? テニス肘の症状とその治療法について、2人の医師が解説する。

最終更新日:2022年7月20日
この記事は7分で読めます
テニス肘の症状と治療法: エキスパートが解説

テニスは高エネルギーのスポーツで、パワーと心臓と血管の持久力を要する。 熱心なテニスプレーヤーにとっては、素晴らしいワークアウトであり、友達とつながる(または競い合う)方法でもある。 一方で、試合数を増やすと、テニスプレーヤーによくある故障のひとつであるテニス肘を発症する可能性がある。

2020年の『Journal of Orthopaedics誌』に掲載された臨床報告によると、全テニスプレーヤーの半数近くがテニス肘を経験しており、その要因は、スウィング技術の低さや重いラケットの使用など、さまざまだ。 2015年の『American Journal of Sports Medicine誌』の研究でも、成人の1~3%がテニス肘を経験していると報告されている。

テニス肘とは何か?

「テニス肘、つまり上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)は比較的よくある症状で、上腕または腕の外側に痛みが出ます」と説明するのはマーク・サクル(整骨医学博士(DO)、 米国スポーツ医学認定医(CAQSM)、 米国家庭医療学会上級会員(FAAFP))だ。サクルはアリゾナ大学のチームドクターだ。

解剖学を学ぼう テニス肘は上腕骨外側上顆(じょうわんこつがいそくじょうか、肘の外側の骨の突起部)に生じると、サクルは説明している。 手首と前腕の複数の筋肉が付いている部分だ。 手関節伸筋群(手の甲を自分の顔方向に曲げるのが主な機能である筋肉)も、腱を通してこの部分に付いている。

この筋肉の付着部に、テニスやウェイトトレーニング中またはガーデニング中のような、繰り返しの動作、オーバーユース(使いすぎ)、または大きな抵抗といった負荷がかかると、テニス肘になる可能性がある。 その結果、炎症や変性、断裂などが生じることがあると、マイケル・ダカック(整骨医学博士(DO)、 経営学修士(MBA)、 米国スポーツ医学認定医(CAQSM))は述べている。ダカックは、クリーブランド・クリニック・フロリダのスポーツドクターだ。 この症状は一般的にはテニス肘として知られているが、他のスポーツや活動も原因になりうると、ダカックは繰り返した。

テニス肘の症状は?

サクルの説明によると、肘がまっすぐの状態で手首を伸展させた時に肘の外側が痛むというのが最も一般的な症状だ。 肘の外側に直接力が加わった時や、肘がまっすぐの状態で手首を完全に屈曲させた時に不快感が生じる、ということもある。 テニス肘は握力にも影響することがある。

「ある一定の動作をした時のみ気がつく鈍痛だったり、コーヒーカップを持ち上げるような単純な動作でさえも感じられる継続的でより強い痛みだったりする」と、サクルは言う。

テニス肘の治療法

肘の痛みや不快感がある時は、医師に相談して治療を受けるのが一番だ。

「予防のために、自分の状態に関して先回りの行動をとることが大切です。 痛みを無視してはいけません。 早期に医療専門家の診察を受けてください」と、ダカックは述べている。

また彼は、テニス肘の深刻度によって、医師が勧める治療方法は変わってくるだろうとも付け加えた。 治療法はさまざまで、理学療法や固定具、コルチコステロイド注射、多血小板血漿(PRP)注射、経皮的針腱切除術(損傷した組織を除去するために局所麻酔下で行われる低侵襲手術)などがある。

「(治療法)の決定は、腱の深部をリアルタイムで見ることができる筋骨格超音波診断装置の操作訓練を受けた専門家の支援を得て行われるのが一般的です」とダカックは述べている。 「腱を見るにはMRIよりも超音波のほうが優れているケースがあるのです」

一方で、テニス肘の痛みを軽減するために自宅でできる対策もある。

「(以下の方法を)約5日試してみて症状が改善しなければ、医師等の診断を受けることを検討すべきです」とサクルは言っている。

テニス肘の痛みを和らげる4つの方法

注:米国の医療機関ジョンズ・ホプキンス・メディスンによると、日常活動に影響するような痛みや動きにくさがある時、対処しても痛みが改善しない(または悪化する)時、また腕に腫れやしこりがある時には、医師に相談することが大切だ。

  1. 1.動作を変える

    テニス肘の原因となりうる動作を変えることから始めるのがよい。

    「『痛いならやめる』というシンプルでありながら驚くほど効果的な戦略がここにあてはまります」とサクルは述べている。 「痛みがある時に繰り返しの動作でその部分にストレスをかけ続けたり、重いウェイトなどを持ち上げたりすると、炎症や怪我は悪化します」

    これを防ぐためには、クロストレーニングに切り替えるか痛みが再発しない動作を見つけようというのが彼の提案だ。

    「痛くない動作を見つけ、痛みが改善するまでそれを続けてください」と、サクルは述べている。 「そこから、ゆっくりと以前の動作へと戻していくようにしましょう」

    (関連記事:専門家に聞く、激しいワークアウトをした後の筋肉痛の対処法)

  2. 2.休息し、カウンターフォースブレース(固定具)を使用する

    動作を変えても不十分な場合は、その部分を数日から1週間ほど休ませるのが非常に役立つことがある。 数日休んでも痛みが持続したり悪化したりするなら、それはおそらく病院に行くべき時だ。

    「時には筋肉を少しの間シャットダウンすることが必要です」とサクレは述べている。 彼は、その間のカウンターフォースブレース(固定具)の着用を勧めている。

    「肘のすぐ下の伸筋群を圧迫し、筋腱複合体にかかる張力を下げることで、その部分を休ませることができます」とサクレは述べている。 「日中の通常の活動中はブレースを着用しますが、寝る時は必要ありません」

  3. 3.氷や非ステロイド性抗炎症薬で炎症を抑える

    テニス肘による炎症を抑えるのにアイシングが役立つことがある。

    「1日3回のアイシングなど、局所的な炎症対策は、痛みの多くを引き起こす部分の炎症を抑えるのに非常に役立ちます」とサクレは述べている。 「アイシングをする時は、必ず休みをいれてください。 つまり、10~15分冷やしたら15分休み、また10~15分冷やします」

    体の声に耳を傾けて、不快感があったらすぐにアイシングをやめることが大切、と付け加えた。 しかし可能であれば、冷やして休むというのを毎日2~3回行うのが役立つことがある。 氷はタオルなどの柔らかいもので包み、氷を肌に直接のせるのは避けよう。

    炎症を抑えるために、非ステロイド抗炎症薬(イブプロフェン、アスピリンまたはナプロキセンなど)を服用してもよい。 他の症状がある場合、また他の薬に反応する可能性のある薬を処方されている場合は、必ず医師に確認しよう。

  4. 4.手首固定具の使用

    握力、手首をねじる動き、または手首の屈曲と伸展を伴うテニスなどの活動を継続する場合は、手首固定具が助けになるかもしれない。

    「手首固定具を使えば、手首の可動域を制限するためのサポートと安定性を得ることができ、腱を休めることができます」とダカックは述べている。

    トレーニングとリカバリーについてのNikeのヒントをもっと手に入れたい場合は、Nike Training Clubアプリをダウンロードしよう

文:エミリー・シファー

テニス肘の症状と治療法: エキスパートが解説

Nike Training Clubで運動を習慣に

トレーナーとエキスパートから、心と体を鍛えるための無料ガイダンスを入手しよう。

関連するストーリー

睡眠がとても重要な理由 アスリートのリカバリーと睡眠の関係について、エキスパートが解説

健康とウェルネス

スポーツ後のリカバリーに睡眠がとても重要な理由 エキスパートの解説

セルフマッサージがワークアウト前に最適な理由とは

健康とウェルネス

セルフマッサージがワークアウト前に最適な理由とは

トリガーポイントとその治療法とは?

健康とウェルネス

トリガーポイントとは?その定義と治療法

エキスパートが推奨する睡眠のための5つのヨガポーズ

健康とウェルネス

睡眠の質を上げる5つのヨガポーズ

遠赤外線サウナが健康にもたらす5つのメリットをエキスパートが解説

健康とウェルネス

遠赤外線サウナが健康にもたらす5つのメリットをエキスパートが解説