バーベルフロントスクワット

コーチング
最終更新日:February 3, 2021

By ジョー・ホルダー

さまざまなスクワットの方法を覚えて、大腿四頭筋とコアを鍛えよう。

肩にウェイトを乗せて行うこのスクワットは、大臀筋より大腿四頭筋に深く働きかけ、バーベルを前に落としたり、胸を前傾させたりしないために強靭なコアと胸を必要とする。Nikeマスタートレーナーであるジョー・ホルダーのヒントを参考にして正しいやり方を学ぼう。

  1. 胸の高さのラックに置かれたバーベルの前に立つ。
  2. 初心者や肩の可動域が限られている場合は、両腕を交差させてバーベルを握ると良い(両腕をバーの下側に伸ばし、バーベルを肩に乗せたら、両腕をバーの上で交差させ、手のひらを反対側の肩に向けてバーの上から握る)。肩の可動域が十分である場合は、定番の握り方(肩にバーを乗せて腕を曲げ、肘を前に出し、肩の少し外側で下側から指でバーを握りながら肘を上げる)で行おう。
  3. バーをラックから持ち上げて後ろに下がり、足を腰幅に開いて(臀部を鍛えたい場合は足の幅を広くしてもかまわない)、スクワットを開始。
  4. 両肘を前に出して上げ、コアにしっかりと力を入れて胸を起こし、両足をしっかり床に踏ん張って、太ももが床と並行な位置を超えるまで腰を落とす。
  5. 両脚の力で押し上げながら最初の姿勢に戻る。これで1回。
  6. 繰り返す。
正しいフォーム:完璧なバーベルフロントスクワット

NTCプレミアムは無料

世界的なエキスパートやトレーナーが無料でガイド。アクティブな生活と健やかな心身をキープしよう。

正しいフォーム:完璧なバーベルフロントスクワット

Nike Training Clubに参加しよう

世界的なエキスパートやトレーナーがガイド。アクティブな生活と健やかな心身をキープしよう。

関連するストーリー

Trained ポッドキャスト:理学療法の効果

COACHING

ポッドキャスト:理学療法がワークアウト効果の向上につながる理由

キッズにも休養日が必要?

コーチング

トレーニングの合間に体をリセットするには

リカバリーを促進するスイカのスムージー

COACHING

リカバリーを促進するスイカのスムージー