瞑想に関する6つの簡単なヒント

COACHING

エキスパートのガイドに従って、マインドフルネスを習慣にしよう。

最終更新日:2021年1月26日

瞑想はスキルの一つだ。「瞑想は練習して身に付けなければなりません。しかし、今という時間と一体化する体験でもあります」
そう話すのは、瞑想の人気アプリ「Headspace」の最高科学責任者を務める心理学博士でありNikeパフォーマンスカウンシルのメンバーである、ミーガン・ジョーンズ・ベル。

瞑想に関する6つの簡単なヒント

瞑想はスキルの一つだ。「瞑想は練習して身に付けなければなりません。しかし、今という時間と一体化する体験でもあります」
そう話すのは、瞑想の人気アプリ「Headspace」の最高科学責任者を務める心理学博士でありNikeパフォーマンスカウンシルのメンバーである、ミーガン・ジョーンズ・ベル。

座っている時、トレーニング中、競争中など、どんな時も「今」という時間を意識し、それに身をゆだねられるようになるためのサポートをすることがジョーンズ・ベルの仕事だ。
そこで、瞑想を習慣的に始めるための6つのコンセプトを紹介する。

  1. 専門家に頼る
    瞑想を行ったことがない場合は、ためらうことなくHeadspaceアプリなどのガイドを活用しよう。小さなゴールから始め、徐々に熟達できるシリーズを探すとよい。
  2. 毎日の習慣にする
    始めたばかりの人にとっては、練習時間の長さより練習の頻度の方が重要だ。つまり、週1回1時間の練習をするより、毎日10分の練習をする方が良い。毎日同じ時間に同じ場所で練習をするようにしよう。短時間の練習から始めてルーチンを確立し、継続的に取り組もう。
  3. リラックスする
    クッションや椅子に座って背中をもたせかける。「完璧」な瞑想の姿勢にこだわる必要はない。重要なのは、緊張から解放されることだ。
  4. 開放的になる
    座っていると落ち着かない場合は、静かな開けた場所でウォーキングしながら瞑想してみよう。足の上下運動に集中しながら、ゆっくりと着実に一方向に10-15歩進む。立ち止まって呼吸をし、思考を去来する。そして、振り返って来た道を引き返し、元の位置に戻る。
  5. 集中する
    マインドフルネスとは、何をしていても今という時間に完全に溶け込むことを意味する。瞑想しているときは、自分の思考、感情、感覚と向き合おう。しかし、それらにとらわれてはならない。これは最終的に、ワークアウト、リカバリー、人間関係などに応用できる。
  6. 1か月間続ける
    変化は一晩で起こるものではない。始めた日付を記録し、まずは1か月間定期的に取り組んでみよう。これにより、心が鍛えられ、マインドフルネスを日々向上できる。

関連するストーリー

ワークアウトのルーチンをレベルアップさせる方法

Coaching

正しいステップを積み上げる

ポジティブに物事を受け入れる

Coaching

何事もポジティブに受け入れる方法

ウルトラランナーのメンタルトレーニング

Coaching

前進するためにメンタルを鍛える

マインドフルネスを実践する3つの方法

Coaching

瞑想することなくマインドフルネスを高める

バーチャルレースへの心構え

Coaching

バーチャルマラソンを完走するための思考法