偉大なるゲームへの招待状を作る

自分の方にボールが転がってきたら、それで遊んでみたくなるのは普遍的な感覚だ。新しいボールを作る旅は、ゲームの根源であるこの感覚から始まり、驚くべき地点に到達した。従来のモデルより飛行精度が30%アップした、新しいナイキ フライト ボールを紹介しよう。

ナイキ フライト ボール:デザイン誕生まで

数字に示されたフットボール愛

1700時間におよぶ研究、800人のフットボールプレーヤー、68バージョンのモデル、1本のロボティックレッグ。世界中で愛されているボールを改良するには、膨大なデータが必要とされた。そこで、世界中のエリートプレーヤーのキックを追跡し、回転率、速度、飛行角度など、あらゆるデータを収集。そこから得られた条件をロボティックレッグを使って再現し、細かな設計上の違いをくまなくテストした。こうして、従来のモデルより飛行精度が30%アップした新しいボールが完成した。

ナイキ フライト ボール:デザイン誕生まで

ボールの感触をしっかり捉える一貫性。

それがフットボールプレーヤーから最も重要だと言われたこと。そして、ナイキ フライト ボールを作るにあたって最も重視したことだ。画期的なAerowsculptテクノロジーは、ゴルフボールのディンプルのように、ボール表面の特性を利用して、ボール周辺の空気の動きを制御しやすくする。つまり、これにより空中でのブレが軽減され、ナイキ マーリンより安定した予測可能な飛行経路を実現できるということだ。

少ないほど抜群のボールタッチに。

最大32枚のパネルが使用されている従来のボールとは異なり、ナイキ フライト ボールには、わずか4枚のパネルしか使用していない。これらのパネルは縫製ではなく熱溶着しているため硬い縫い目が少なく、スイートスポットの面積が大きくなっている。さらに、3D ACC(All Conditions Control)インクを表面に追加し、思い描いたプレーを最大限に引き出すボールタッチを実現した。

ナイキ フライト ボール:デザイン誕生まで
ナイキ フライト ボール:デザイン誕生まで

真のプレー

ナイキ フライト ボールは、長年にわたるエンジニアチームの研究と数多くのサッカープレーヤーの協力によって生み出された。Nikeは科学に情熱を傾けているが、最終的に重要なものはプレーヤーの足、ボール、そしてプレーをしているときの感覚だ。

ナイキ フライト ボール:デザイン誕生まで
ナイキ フライト ボール:デザイン誕生まで
ナイキ フライト ボール:デザイン誕生まで
ナイキ フライト ボール:デザイン誕生まで