お知らせ

現在、返品・交換処理に遅延が発生しております。予めご了承ください。

エイサ・モハメドのストーリーをチェックしよう

ダンスが世界を変える

成長期のエイサ・モハメドは、なかなか自分を表現できないでいた。怒りや憤りを抑えることはできたが、それを言葉で表に出すことができなかった。ダンスと出会うまでは。

子どもの頃、彼女はダンスのクラスに入り、バレエやヒップホップなど、さまざまなスタイルのダンスを学んだ。ロンドンのペックハム近郊のダンススタジオ、ムーブメント・ファクトリーは、彼女にとってスキルを探求することができる場となった。そして、自分は新しい自己表現方法を模索している人を手助けすることができるということに気付いたのも、この場所だった。

「私は十分な経験を積み、運動を通じて人の役に立つことができるということに気が付きました。」

ムーブメント・ファクトリーの創設者であるリアン・ペロは、エイサの才能に気付き、試しに指導者になってみないかと尋ねた。「エイサは驚いていましたが、相変わらずとても冷静でした。人に教えるということが、彼女の根底にあるものであり、強みなので、機会が訪れたときには迷いがなかったのです。」とリアンは語る。

エイサはインストラクターとして成長し、セッションのたびに自信をつけた。「自分がしていることを楽しめば、自然とそうなります。」と彼女は言う。

エイサが友人と始めた、ルーチンの練習用オープンセッションは、今では予約が殺到するクラスとなった。生徒の声を聞くと、彼女のクラスを気に入っているのは、少しだけ動きを学んだり、ルーチンを練習したりするだけの場所ではないからだという。生徒はクラスに来て、学校のプレッシャーから解放されたり、家庭での出来事についてアドバイスをもらったり、自分の考えに自信を深めたりすることができるのだ。

「ダンスは私にとって、自分の感情に対処し、自分の身に起こっていることを表現する手段でした。」

エイサ・モハメド
ダンスインストラクター

「生徒が何を求めているのかは分かりません」とエイサは言う。「話し相手を求めているのであれば、私はいつも生徒のためにここにいます。最初から最後までダンスをしたいと思っている生徒もいるかもしれません。」

エイサにとって、ムーブメント・ファクトリーはただのスタジオでもクラスでもない。世界の負の要素から離れた安らぎの場であり、すべての人を受け入れ、自分らしく生きられるように子どもを勇気づけるコミュニティなのだ。

「世界ではたくさんのことが起こっています。私たちは道を照らす光になることを求められており、この活動を通じてそれを成し遂げることができるのです。」

関連するストーリーを見る

インクルージョンをめぐる戦い:ダルシー・オリウェラ

インクルージョンをめぐる戦い:ダルシー・オリウェラ

女子のためのコート:サリー・ナマニ

女子のためのコート:サリー・ナマニ