コーチングと食事

感謝の気持ちを育くむ方法

ブランデン・コリンズワース

感謝の気持ちを育くむ方法

自分が持っていないものではなく、持っているものに意識を向けるように、思考を見直そう。

感謝の気持ちを持つことは、毎日をより良い気分で過ごすための最もシンプルで効果的な方法の1つ。私たちは誰でも、人生の中で良いことに遭遇する。それに感謝するだけで、より前向きな心構えや可能性に満たされた気持ちを得ることができるはずだ。そして、今という瞬間を振り返り、幸せを強く意識することがどんなに大切かを実感するだろう。

これを習慣にすることは、もちろん簡単ではない。

人は比較をするものだ。私たちは常に自分と人を比較している。また、私たちの社会では、常により多くのことを求めるように教えられている。こうした考えは、感謝の気持ちを失わせる可能性がある。与えられているものに感謝できなくなり、感謝の気持ちへの妨げとなる。

最も大切なことはお金に換えられない。ありがたいものが何もないような気がして、苦しみ、イライラし、怒っているとき、息をつこう。1回、意識して深く呼吸をしてみよう。それだけで、気持ちをリセットして、感謝の気持ちを育むことができる。

常に感謝の気持ちを保つために、毎日3つ、有難いと感じたことを書き留めよう。あっと驚くようなことでなくていい。ワークアウトや、美味しい食事や、大切な人と気持ちよく散歩したことなどでいい。このささいな行為を毎日続けることで、驚くべき効果が期待できる。毎日感謝したいことを3つ書き留めることが、健康を大幅に増進できることが調査で明らかになっている。

考えてみれば、こうした調査結果はまったく理にかなっている。感謝の気持ちを持っているとき、気持ちを悪くすることはない。感謝の日記を付けて、自分が持っていないものではなく、持っているものに意識を向けよう。そうすれば感謝すべきことがすぐに見つかるだろう。

感謝の気持ちを育くむ方法

Nike Training Clubに参加しよう

世界トップクラスのエキスパートとトレーナーにアクセス。アクティブな生活と健康な心身をキープしよう。

感謝の気持ちを育くむ方法

Nike Training Clubに参加しよう

世界トップクラスのエキスパートとトレーナーにアクセス。アクティブな生活と健康な心身をキープしよう。