NIKE FLYLEATHER

    NIKE FLYLEATHER

    NIKE FLYLEATHER

    Nike Flyleatherとは?

    天然皮革に似た見た目、質感、匂いを持つ人工皮革素材で、再生レザー繊維を50%以上使い、地球環境にやさしい画期的な水力プロセスで製造。

    レザー誕生以来の大躍進

    Nike Flyleatherは、製造工程で廃棄されるはずのレザーを再利用して作られた素材で、フルグレインレザーよりも40%軽く、5倍の耐摩耗性を備えている。この製造プロセスによって、従来のレザーの製造よりも、使用する水の量と二酸化炭素排出量を抑えることが可能となった。

    廃棄物を削減

    従来のレザーシューズの製造工程では、かなりの量のレザーパレットが皮革加工場の床に落ち、最終的に廃棄物として処理される。ナイキは、この廃棄されるはずだったレザー繊維を再利用し、より環境に優しい素材を生み出すことに成功した。

    特長をチェック

    軽量

    軽量

    フルグレインレザーよりも40%軽い素材。

    丈夫

    丈夫

    耐摩耗性がフルグレインレザーの5倍。

    地球環境に優しい

    地球環境に優しい

    従来のレザーの製造よりも二酸化炭素排出量を削減。

    デザイン誕生まで

    Nike Flyleatherは、エンジニアードメッシュやFlyknitなどの高機能素材が発明される以前のように、レザーを高性能素材へと進化させるチャレンジから誕生した。この開発において重要視されたのは、見た目、質感、匂いといったレザーの魅力をそのまま保持すること。

    また、従来のレザーの製造工程では、多くのエネルギーと化学薬品が使われるだけでなく、大量の廃棄物が発生するため、レザーの製造から生じる二酸化炭素の排出量を減らすことも課題だった。つまり、レザーの進化系を開発するだけでなく、より地球環境に優しい製造工程に変えることも目標となったのだ。

    Flyleatherは、合成皮革を含むナイキのすべての人工皮革のなかで、最も地球環境に優しい素材だ。

    ブープシュ・デュア
    Nike マテリアルテクノロジーディレクター