コーチング

生活環境はどのように食事に影響を与えるか

By Nike Training

生活環境が食事に与える影響

どこで食べるか:生活環境が重要な理由と生活環境を整える方法

最近、食べ物を選ぶのに失敗したのはいつだったか思い出してほしい。そのときに座っていた場所は?使ったお皿やお椀は?聴いていた音楽や一緒にいた人は?それらの答えが鍵になる。

「私たちを取り巻く環境が知らないうちに私たちを誘導し、本人が自覚している以上に大きく選択を左右する」と言うのは、栄養教育の分野で20年以上の経験を有するクリスタ・スコットディクソン、Precision Nutritionのカリキュラムディレクター。「なんであんなものを選んでしまったんだろう、きっと私は意志が弱いんだと考えてしまいがち。実は、目の前の環境が私たちの選択に大きな影響を与えるというのが現実だ」

「私たちを取り巻く環境によって知らないうちに誘導され、本人が自覚している以上に大きく選択を左右する」

クリスタ・スコットディクソン、Precision Nutrition

スコットディクソンが環境と言うとき、あなたは物理的な環境を思い描くかもしれない。それは、パズルの中でも大きなピースだ。キッチン、オフィス、車などの場所のセッティングは、私たちが何をどのように食べるかという選択に影響を与える。しかし、環境にはその他にも食べ物の選択に、些細ながらも重要な影響を与える科学的に示されている。そして健康的な食事を考えるうえで、そのすべてが重要でなる。

場所から始める。

キッチンが乱雑で散らかっていると、健康的な食事をするのに必要なものをすぐに手に取れないというだけで、急かされた気持ちになり、不健康な食べ物を選んでしまうと、スコットディクソンは言う。「ミキサーが手紙の下に埋もれていて、カウンターが散らかっていたら、決してグリーンスムージーを作ることはないだろう」

整頓された清潔なスペースも重要である。栄養学会誌である『Appetite』の調査によれば、テレビを見ながら、コンピューターに向かったまま、あるいは電話をしながら食事をすると、たとえ満腹感を得られても、しっかり食べ物に向き合えていないという。後でスナックを食べてしまう可能性が高いのだ。

「ミキサーが手紙の山に埋もれていて、カウンターが散らかっていたら、決してグリーンスムージーを作ることはないでしょう」

クリスタ・スコットディクソン、Precision Nutrition

この考え方は、動きながら食べる場合にも当てはまる。忙しく作業をしながらエナジーバーを食べてしまうと、後でスナックを食べる可能性がかなり高い。このテーマについて研究している英国の研究者によると、それはしっかり食事をしたという記憶が残らないからだということだ。つまり、その不満感から後で他の食べ物を探してしまうのだ。

生活環境が食事に与える影響

見た目の問題。

食器も食事に影響を与える。ケンブリッジ大学のメタ分析による60件以上の研究によれば、流行りの大型のボウルや皿、カップはクールに見えるので、潜在意識に働きかけて普段以上の食欲をかきたてるということだ。

また、普段より小さな食器に食事を盛り付けるだけで、1日に消費する食べ物の総量を最大210カロリー減らせるという。

前の調査では、皿の色でさえ食欲に影響を与えるという。白い皿に白い米飯を盛り付けて食べると、どれぐらいの量を食べたかわからなくなる。同じ量の米飯を濃い色の皿に盛り付けた場合は、自分が食べた量をもっと自覚できるようになる。ここでエキスパートたちによって示されているヒントは、できる限り、食べ物と盛り付ける食器の色に差をつけるということである。結論:栄養たっぷりの色鮮やかな食べ物を食べるのなら、普通の白い食器が役に立つ。

心の声を聴く。

私たちの環境は、他の感覚にも影響を与える。たとえば、聴力には重要な役割がある。キッチンテーブルの背景につけっぱなしのテレビはないだろうか?スナックを食べているときに、大音響で音楽を流していないだろうか?Journal of the Academy of Marketing Sciencesが発表した最近の研究では、このような環境は、食べる量を増加させ、より不健康な食べ物に手を伸ばす原因になることが示されている。

研究者たちは、大きな音は心拍数を上昇させ、ストレス反応を引き起こすと解説。潜在意識下でより多く早く食べる原因になり、カロリーと脂肪分が高い、手軽な食べ物を選ばせるという。

誰と一緒に食べるか。

最後に考えるべきは、あなたが構築する社会環境である。つまり、あなたが一緒に食事をする人々や一緒に食事をする理由である。最近の研究では、より健康的な食事をする人と一緒に食事をすると、食事に良い選択をする傾向が高くなるという。もちろん逆もまた真なりである。いつもジャンクフードばかり食べて大酒を飲む人と一緒に食事をすると、それに引きずられて同じような食事をしてしまう。

現在、一緒に食事をする相手の選択肢は多くなく、これも私たちの食生活に大きな影響を与えるとスコットディクソンは言う。これらすべてを統一するテーマ:最も健康的な食事をするには、環境に注意を払う必要があるということ。

生活環境が食事に与える影響

「毎回、完璧な環境で食事をすることを目指しているのではなく、少しずつ、より健康的な食事をすることを心掛けている」

クリスタ・スコットディクソン、Precision Nutrition

これらすべての細部を統一するテーマ:最も健康的な食事をするには、環境に注意を払う必要がある。

「そこで私が思い浮かべるのは連続性」とスコットディクソンは言う。「毎回、完璧な環境で食事をすることを目指しているのではなく、より健康的な食事をする頻度を少しずつ増やそうとしているだけ」たとえば、今より週に1回多く、デスクを離れて食事をする。あるいは、毎晩ソーシャルメディアの画面をスクロールしながら夕食をとっているなら、週に1回はデバイスを遠ざける。

その要点は?環境を全面的に大きく変えなくても、少し居心地の良い環境で、穏やかな気持ちになって、しっかり準備を整えれば、健康的な食べ物を選択できるということだ。小さなことから始めよう。食べるためのスペースを片付け、清潔で居心地の良い場所にしよう。食器、バックグラウンドの音、一緒に食べる相手を考えてみよう。これらの小さなステップを実行して自分の環境を整えていくと、安定した前向きな流れが生まれ、いずれは大きな成果につながる。

習慣にしよう:たとえば、毎日少なくとも1回はテーブルに着いて食事をするなど、小さいけれど前向きな変化を試みてみる。そして、この新しい姿勢を、たとえば食べる前にスマートフォンで時間を確認するといった習慣と結びつけよう。つまり、スマートフォンを確認するときは、必ず「座る時間」だと考えるのだ。毎回これができるようになったら、自分をほめよう。こうして、日常に新しい習慣を組み入れていくことができる。

生活環境が食事に与える影響

Nike Training Clubに参加しよう

世界トップクラスのエキスパートとトレーナーにアクセス。アクティブな生活と健康な心身をキープしよう。

生活環境が食事に与える影響

Nike Training Clubに参加しよう

世界トップクラスのエキスパートとトレーナーにアクセス。アクティブな生活と健康な心身をキープしよう。

関連するストーリー

リカバリーを促進するスイカのスムージー

コーチング

リカバリーを促進するスイカのスムージー

簡単で健康的なマンゴースムージーのレシピ

コーチング

マンゴースムージー

食生活を変えるのはたった1つの質問

コーチング

食生活を変えるのはたった1つの質問

最高のパフォーマンスを引き出す食事

コーチング

基礎:最高のパフォーマンスを引き出す食事

ランニング前、途中、ランニング後の栄養補給

コーチング

ランニングの前後とランニング中の食事法