コーチングと食事

寝る前の瞑想で睡眠を改善

By ライアン・フラハーティ

ベッドに入ったものの、考え事が次々に浮かんで1時間近く寝返りを打ちながら過ごした経験はないだろうか。これは、刺激に満ちた長い1日を終えた後に、体が交感神経から副交感神経への切り替えを必要とするためだ。休息状態とは、副交感神経が働いている状態のこと。スムーズに入眠するためには、ベッドに入る前にリラックスすることが良いとされている。そのための最も効果的な方法の1つが、数分間の瞑想だ。

瞑想で睡眠を改善

「瞑想」という言葉は、初めて取り組む人にはとっつきにくいものに聞こえるかもしれないが、そう複雑なものではない。願い事をしたり、自己肯定感を向上させたりなど、気持ちを落ち着かせるために行う寝る前のルーチンも立派な瞑想だ。僕がトレーニングを担当しているプロアスリートのほぼ全員が、今ではベッドに入る前の瞑想を習慣にしている。睡眠に特化したプログラムは、ほとんどの瞑想アプリが提供している。こういったプログラムを使えば、5分から10分程度で、就寝前の完全なリラックスルーチンに取り組める。

寝る前に瞑想の時間を取れない場合は、最も簡単な方法を使ってみよう。ベッドに入ったら、スマートフォンをスクロールする代わりにガイド付きの睡眠瞑想を流し、枕の上に頭を置いて聴く。この方法でも10分程度かかるが、考え事をしながら寝返りを打つ代わりに、リラックスして入眠するための準備が整う。

今すぐ瞑想アプリをダウンロードして、今夜ベッドに入ったら、すぐに再生できるようにしておこう。夜のルーチンにすれば、よりスムーズに眠れる効果を実感できるはずだ。

瞑想で睡眠を改善

Nike Training Clubに参加しよう

世界トップクラスのエキスパートとトレーナーにアクセス。
アクティブな生活と健康な心身をキープしよう。