SNKRS

....
  • Help

隠れた魅力

エア ソック レーサー
1986年、超軽量シューズでレースに出場したいランナー向けに、本格的なレース用フラットシューズとして登場したソック レーサー。超軽量という理想を余すところなく具現化したシューズは、4方向に伸縮する目の粗いメッシュ素材、前例のない合成スエードのストラップ、ポリウレタンミッドソールを採用し、Nike往年のデザイナーであるブルース・キルゴアのビジョンを実現している。
Nikeが、必要最低限まで要素を削ぎ落とした最初のモデル。4方向に伸縮するメッシュ素材がソックスのような軽さを生み出し、現代の軽量なロードレース用シューズへの道を切り開いた。ソック レーサーは、ポリウレタンのユニットソールとフルレングスのAirクッショニングを使用した最初のシューズとしても知られている。
軽量でミニマルなデザインのソック レーサーには、足になじませる期間が必要だった。シューズの相棒は軽量のソックス。これを踏まえ、Nikeデザイナーのウィルソン・スミスは、現在「ビー ソックス」として知られるソックスをデザインした。鮮やかなチューブソックスは、1986年販売のソック レーサーを購入したファンに提供された。
誕生から30年以上が経った今、ソック レーサーの影響は、数々のシューズに見て取れる。ブルース・キルゴアの先進的デザインは、エア プレスト、ソック ダート、人気のフライニットシリーズのモデルにいたるまで、最も画期的なランニングシューズと現代のアイコンへの道を切り開いた。
ソックスのようなシューズという独創的なアイデアを、完全な形で体現したエア ソック レーサー フライニットがついに登場。