SNKRS

....
  • Help

隠れた魅力

エア リフト
1996年に発売されたナイキ エア リフトは、現代のランニングフットウェアに見られる画期的デザインの先駆け。誕生から20年が経った今こそ、エア リフトの原点に立ち返るとき。つま先が分かれたデザインは、ケニア出身の素足の長距離ランナーと共同で開発したもの。Nikeが自然な動きのフットウェアに初めて挑んだシューズだった。ケニアのグレートリフトバレーをイメージして名付けられたエア リフトの名が、さらにインスピレーションをかき立てる。
エア リフトにおける最も特徴的なデザインは、つま先部分が分かれているところ。このエアリフトでNikeフットウェアが初採用したデザインだ。グレートリフトバレーの断層に着想を得たもので、足の親指と人差し指の間に区切りがある。ストライドやステップのたびに、この区切れがより自然な動きを助長する。
Nike Airクッショニングと独特のトラクションパターンを採用したランニングシューズは、あらゆる地形で自然な動きを実現する。エア リフトの開発工程では、最適なトラクションを追求してさまざまなアウトソールパターンが試された。完成したエア リフトは、長距離ランナーからスニーカーコレクターまで、世界中の多くのファンの間で瞬く間に大人気を獲得した。20周年記念の一環として、これまで表に出たことのないオリジナルのエア リフトのサンプル品や試作品をベースにしたスタイルがSneakersから発売される。