SNKRS

....
  • Help

エア マックス 95 ウルトラ ジャカード

デザイン誕生まで
人体構造をイメージした独特のデザインと、誰もの目を引く鮮やかなネオンイエローで登場してから20年。エア マックス 95はランニングシューズの歴史を変えた。レガシーとも呼べるスニーカーは、20年間にどんな進化を遂げているのだろうか。エア マックス 95 ウルトラ ジャカード
シューズに命を吹き込むデザイナー、ベン・ユンは、革新的な機能の心臓部を見せるという定番シューズ「内部」のアップデートで、デザインをリニューアルした。このアイデアに至る過程で、エア マックス 95のオリジナルモデルを目にしたとき、ユンの頭に最初に浮かんだ言葉が「パワー」だった。「パワーのあるものが私の目の前に現れた。1995年にシューズを見たとき、私は、「わあ、これは雄だ。このパワーは野獣のものだ」と感じた。この思いを胸に、ユンは95年モデルの皮膚の裏側に何が隠されているのか、内部が筋肉であればどのように見えるかを表現してみようと決めた。8回の試作を経て、ユンは一体型のジャカード素材のアッパーを採用し、カットアウトされたインジェクション成型のPhylonソールおよびAirソールを配してシューズの重量を1.5オンス軽量化することを実現した。
無駄を減らすため、OGイメージのシュータンにはジャカード素材の残り生地を使用した。そしてエア マックス 95 ウルトラ ジャカードを象徴する機能は、アッパーに目立つように配されたマグワイヤーのアイレットだ。このユニークな配紐が足を完全に包み込み、全体にわたるダイナミックなフィット感を実現した。全てをむき出しにしたエア マックス 95 ウルトラ ジャカードは、Air Maxの20年間のイノベーションを統合し、史上最軽量のエア マックス 95のデビューを飾る。