• Help

ナイキ エアマックス 180 プレミアム iD

iD MEETS ART
エア と アート 最新のエア マックス 180はラルフ・ステッドマン、マルチェロ・モランディーニ、アルフォンス・ホルトグレーヴといった、アーティストによるオリジナルアートワークが特徴。彼らによる1991年の草分け的なキャンペーンにより、エア マックス 180は熱狂的な支持を集めることができた。シュータンに刻まれたその有名なシンボルは今回の新しいコレクションのインスピレーションになり、カスタム可能なシンボルとなった。
3月13日 9時発売開始予定

ラルフ・ステッドマン

ステッドマンは政治・社会の風刺を得意とする漫画家。最も有名な作品はジャーナリストのハンター・S・トンプソンと組んだシリーズだ。野ウサギという主題はシューズのスピード感をうまく表現している。ロングヘアスエードの材質と色は、まるで彼のアートを模倣しているかのような錯覚を与える。

マルチェロ・モランディーニ

モノトーンの表現で知られるモランディーニが、エア マックス 180のキャンペーンを意外な方向へと導く。ネオンカラーの彩色がブラック基調のシューズを縁取っており、アートにインスパイアされたデザインを思わせる。

アルフォンス・ホルトグレーヴ

ホルトグレーヴは高いコントラストと抽象的な構成を使い、この作品を躍動感で満たしている。シャープなアングルと動的なラインでエア マックス 180の本質を描き出す。ブラックとホワイトを絶妙なバランスで配色し、リンクルペーパー調の材質をホワイトパネルに再現している。
Disabled flag: SNKRS_flagging_enabled_example