SNKRS

....
  • Help

デザイン誕生まで

エア マックス 90 Viotech

2000年代初頭に人気を集め、今やダンク LOWを象徴するバージョンとして知られる「Viotech」の鮮やかなパープルのカラー。今回、Nikeのもう1つのクラシックシューズで再登場する。

「2000年代の初め、Nikeではさまざまな日本限定シューズを製作していました。当時はダンクに大きな注目が集まっていたことから、日本では『クレイジーダンク』として知られるViotechのカラーが生まれたのです」


- デボン・マッキニー(NSWカラーディレクター)

Nikeのカラーデザイナーたちは、さまざまな色を組み合わせることで、個性的なクラシックシューズを生み出した人気のカラーを再現しようと試みた。

デザイナーチームは、ストーリーとコンセプトをヒントに、異なるカラーコンビネーションや比率を細かく研究。人気のカラーに使用するパレットを作成。

過去をイメージしながらも、新たに生まれ変わった「Viotech」のカラーは、Nikeの歴史上最も画期的なシューズの1つをキャンバスとして復刻を果たす。

「エア マックス 90の記念モデルを製作するにあたり、カラーデザイナーの私たちは『このシューズにNikeの他の人気の高いカラーを使ったらどうなるだろう』と考えました。当然、Viotechも候補に挙がり、組み合わせてみたところ完璧にマッチしたのです」


- デボン・マッキニー(NSWカラーディレクター)