....
Puro Fenomenoのデザイン誕生まで

デザインについて

マーキュリアル ヴェイパー XI NJR Puro Fenomeno
ネイマールのマーキュリアル ヴェイパー XI "Puro Fenomeno" は、1998年に登場したマーキュリアルの初代モデル(ブラジルのカナリア色でロナウドのためにデザイン)とマーキュリアル ヴェイパー スーパーフライ II(2010年にネイマールが初めてブラジル代表チームでプレーしたときのモデル)を融合。世界最高の舞台を象徴する2足のマーキュリアルを現代的にアレンジした。
Puro Fenomenoのデザイン誕生まで
ブラジルの伝統とネイマールの序章を融合させた「Puro Fenomeno」は、ロナウド用の波模様とマーキュリアル ヴェイパー スーパーフライ IIのカクタスグリーンをミックス。後者のシューズは、ブラジル代表チームに初選出された18歳のネイマールが、わずか28分で代表初ゴールを決めた初戦に着用していたものだ。
Puro Fenomenoのデザイン誕生まで
Puro Fenomenoモデルのブルーの波模様とシャードグラフィックは、シューズのデザインがたどってきた20年の歴史を強調している。ロナウドのマーキュリアルに使用された印象的な波模様は、ヴェイパー XIのスピードリブ構造という形で再現。1998年発売のシューズのグラフィックとマッチするように成形されたリブ部分が、抜群のタッチとコントロールを生み出す。波に溶け込む「2010」のシャードグラフィックは、2つの象徴的なシューズが融合して世界の舞台へと向かう様子を表現している。
Puro Fenomenoのデザイン誕生まで

不敵と歓喜

どんなにプレッシャーの大きい状況においても、ブラジル人はそこに楽しみを見つける。ネイマールも自身のシグネチャーシューズが生まれる前から、「Alegria(歓喜)」と「Ousadia(不敵)」という2つの言葉をモットーにしてきた。NIKEiDでシューズに印すだけでなく、脚のタトゥーにも刻まれている。「Puro Fenomeno」のシューズにも、もちろんこの言葉をプリント。伝統と「Joga Bonito(美しくプレーする)」の精神が息づく一足だ。
Puro Fenomenoのデザイン誕生まで

ブラジルのカラー

ブラジルの伝統的なカラーをヒントにしたPuro Fenomeno。半透明インクを使ったレーサーブルーと、エネルギーに満ちあふれた鮮やかなイエローボルトで、イエロー&ブルーのナショナルカラーを表現している。パリでもサンパウロでも、自分のスタイルを通して常にブラジルをアピールするネイマールにぴったりのデザインだ。
Puro Fenomenoのデザイン誕生まで
ネイマールは、真の逸材だ。ディフェンスをかわし、鮮やかなシュートを決めるたび、マーキュリアルに伝説のストーリーが加わっていく。来年の夏には、ブラジル6度目の優勝をかけた戦いがはじまる。肩には期待を、背中には長年の伝統を背負い、ネイマールは前へと踏み出す。過去から現在が生まれたように、彼の功績が未来のプレーヤーへのヒントになるだろう。