....

デザインの詳細

ポーランドのホームジャージーには、胸元に伝統的なホワイトとプラチナムグレーを使った対角線に伸びるパターンを配置。国の伝統とチームが見せる現代的な躍動感をバランス良く表現している。襟元にはレッドのトリミングを施し、首の後ろにはポーランドの紋章を配した通気性の高いレッドのテープを採用。国の象徴であるワシが、エンブレムの主役を飾っている。

ポーランド代表の歴史


1970年代から1980年代にかけて、世界トップクラスの活躍を見せたポーランド代表チーム。長らくの低迷期を脱し、2013年には78位だった世界ランクも現在は7位まで急浮上している。この夏、チームはワールドカップが開催されるロシアに自信満々で乗り込む。新たなウェアを身にまとい、稀代のストライカーであるロベルト・レヴァンドフスキをキャプテンに据えたポーランド代表に恐れるべきものなど何もない。

創設:1919年

愛称:ビアロチェルボネ(白と赤)、オルウィ(ワシ)

スタジアム:ナショナルスタジアム(ポーランド、ワルシャワ)

特長

  • Dri-FIT素材がさらりと快適な状態をキープ
  • 風通しのよいDri-FIT素材が抜群の通気性を発揮
  • ラグランスリーブとサイドのインセットが自由な動きをサポート
  • リブ仕様の襟がしっかり快適にフィット
  • ディテールにこだわったレプリカデザインでチームのプライドをアピール

生産地: ジョージア

消費税は価格に含まれています