....

少女たちにスポーツが必要な理由

20年ほど前、ブランディ・チャステインはサッカー史に残る印象的なゴールを決め、米国女子代表チームを世界の頂点へと導いた。

あの歓喜の瞬間を迎えられたのは、少女時代にサッカーを始めてみるよう励まされたおかげだ、とブランディは語る。現在、サッカーの伝説となった彼女は、非営利団体「Bay Area Women’s Sports Initiative」を設立。フィールドで喜びと自信を見つけてほしいという願いを込め、かつて自分が受け取ったモチベーションを少女たちに与えている。

「スポーツは少女たちが自分自身の可能性を探り、自分を表現するチャンスを与えてくれると思う。」とブランディは語る。「失敗して、立ち直って、もう一度戦って、自分自身に挑戦することで、自分には十分な力があると知ることができるのがスポーツだと思う。自分を疑う必要なんてないと、実感できるはず。」

スポーツの力を信じて発信する、ブランディのビデオをチェックしよう。