....

14の代表、1つのドレス

フランス人デザイナーのクリステル・コシェールにとって、サッカーのユニフォームはインスピレーションの源だ。彼女のブランド「Koché」でも、ユニフォームをドレスなどのランウェイルックにアレンジ、再構築されたルックが頻繁に登場する。

Christelle Kocher Goddess of Victory Dress

そして、これはサッカーカルチャー以上の意味を持つとクリステルは語る。サッカーファンの家族の影響で、彼女とスポーツの間には、深いつながりがあるのだという。

「私の父は、子どもの頃、アーセン・ベンゲルと友達だったそうです。」彼女は語る。「幼い頃、同じサッカーチームに入っていたと聞いています。私の兄弟姉妹もサッカーをしていました。サッカーは私の幼少期の一部なのです。」

Christelle Kocher Goddess of Victory Dress

この夏のトーナメントに先立ち、ピッチで自らの栄光のために戦う女性たちを称えるべく、NIKEはクリステルにニケの彫像のためのドレス作りを依頼した。ニケはギリシャ神話に登場する勝利の女神であり、NIKEの社名の由来でもある。

「このドレスのテーマは普遍性でした」彼女は振り返る。ドレスには14ヶ国の代表チームのユニフォームと同じ素材が使われている。

「これは、パワフルで強い女性プレーヤーたちを見て、私たちが想像することでもあります。」彼女は話す。「彼女たちは、さまざまな役割を持つ女性たち。働き、アクティブに行動し、家族を持ち、素晴らしい生活を送っています。彼女たち自身がみなNIKEの女神なのです」

Christelle Kocher Goddess of Victory Dress

パリ・サンジェルマンFCのサポーターだというクリステルのクローゼットには、彼女が以前コラボレーションしたものをはじめ、数多くのユニフォームが並ぶ。クリステルにとってスポーツは、日常生活であり彼女自身の一部だという。

「私の1日がスポーツから始まらないことは、ありえない。」彼女は語る。「たくさんのスポーツをしてきたからこそ、現在の私があると断言できます」

Christelle Kocher Goddess of Victory Dress

サッカーのすべてがここに。NIKEアプリをダウンロードしよう。

この夏、世界王座をめぐってフランスで繰り広げられる熱戦の数々。NIKEアプリでお気に入りのチームとプレーヤーをフォローしよう。