女の子とスポーツのつながりを保つ

女の子のコーチングガイド

女の子にスポーツを促し、続けさせる方法

女の子だってスポーツをしたい。体を動かし、競い合い、思い切って行動し、何かの役割を任されていると感じたい。そうしたモチベーションが、彼女たちをグラウンドやジムへと向かわせる。たとえばスポーツブラ、髪結びなど、適切なギアを準備させ、適度に負荷のかかるプレーを促そう。

エキスパートによると、女の子はプレーするチャンスがあれば、身体的、精神的、感情的、社会的に優れたパフォーマンスを発揮する。ただ、女子がスポーツをやめてしまう割合は男子の2倍。都市部のコミュニティや非白人コミュニティでは状況はさらに深刻だ。

救いは、女の子がスポーツを始めて続けられるようサポートする役割を、私たち誰もが分担できるということ。ほんの些細な工夫で、ポジティブで有意義なスポーツとの関係を育むことが可能になる。

  • チームの一員になり、競い合い、チームメイトや周りの大人との関係を築く機会を設ける。

  • 女性コーチや、女性アスリートを称賛する人など、ロールモデルも重要。ロールモデルがいる女の子は、成長してもスポーツを続ける傾向がある。

  • 3つ目に必要なのは、一旦離れても、戻ってプレーをいつでも続けられるように、女の子を迎え入れ、彼女たちの活躍を称えるスポーツ文化を築くこと。まずは自分のチームでこの文化を育もう。

Nikeは、地域のパートナーやエキスパートと連携し、女の子がスポーツをやめてしまう風潮を変えるよう取り組んでいる。コート、トラック、ピッチなど、いかなる場所でも汗を流せるポジティブな経験を身近な大人が提供することで、彼女たちを擁護し、味方する存在になれる。このガイドを作成した目的は、サポートを始めようとするすべての人に役立ててもらうこと。さらに情報を知りたい時には、ヒントのシートをチェック。

成功への準備

女の子とスポーツのつながりを保つ

モチベーションを与えてスポーツを好きにさせる

女性のアスリートやチームの例を取り上げて、女の子に(もちろん男の子にも)モチベーションを与えよう。ついでにチームのスペースを整えさせるとよい。ロッカールームがあれば飾り付けし、チーム名や旗などチーム意識を高めるアイデアを考えさせよう。

女の子とスポーツのつながりを保つ

偏見について考える

女の子には、男の子とは違った期待を持たれることがあり、それが障害になることがある。次のようなことに注意しよう。男の子と同じぐらい元気付けられているか? 弱々しくやめてしまいそうな様子はないか?態度について男の子とは違う受け止められ方をしていないか(たとえば、男子は「キャプテン」と呼ばれるのに、女子は「偉そうな態度だ」と言われるなど)?対等にプレーできる場を設けるためにどうずればよいか時間を取って考えること。練習の最後には、女の子と男の子に違うことを期待していないかどうか自問してみよう。

女の子とスポーツのつながりを保つ

家族を巻き込む

女の子がスポーツをするかどうかは必ずしも本人次第であるとはいえない。女の子のスポーツ参加に両親や保護者が積極的に関わることが重要だ。練習のときはいつも全員を応援してもらうよう促そう。練習試合を行って家族を招待するとよい。関わりを持った家族は、女の子がスポーツに戻れるようにサポートする傾向がある。

女の子とスポーツのつながりを保つ

女の子をコミュニティでサポートする方法について学ぶ。

あとで読む

女の子とスポーツのつながりを保つ

女の子のコーチングガイド

関係を築く

女の子とスポーツのつながりを保つ

女の子のコーチングガイド

パフォーマンスではなく成長を重視する

女の子とスポーツのつながりを保つ

女の子のコーチングガイド

競争させる

女の子とスポーツのつながりを保つ

女の子のコーチングガイド

女の子にとって快適なスポーツ環境をつくる

女の子とスポーツのつながりを保つ

女の子のコーチングガイド

勇気を身に付ける