カートに追加しました
ウィッシュリストに追加しました
あらゆる人に喜ばれるギフトを贈りましょう。
サイズ: 数量: 単価  
カートに商品がありません

ナイキ テック パック

p1_jp_fa17_nsw_techfleece_cdp_men_dt.jpg

ケンブリッジ 飛鳥 (陸上選手)

p1_copyblock_jp_fa17_nsw_techfleece_cdp_men.jpg

変革者に捧ぐ 最新テクノロジーに、クールなデザインを兼ね備えた ストリートの定番、ナイキ テック フリース オフスタイルも、スポーティに、動きやすく。モードにも、 ストリートスタイルにもフィットする。スタイリスト 服部昌孝のコメントとともに、 ケンブリッジ飛鳥の着こなしをはじめとする、テック フリース コーデを今すぐチェックしよう。

p2_jp_fa17_nsw_techfleece_cdp_men_dt.jpg

テック フリースは、サイジングで遊んだり、 異素材を合わせて「カジュアルアップ」 「カラーブロックのアイテムは、そのカラーから1色拾って、他のウェアの カラーを決めるのがポイント。色が多くても、統一感が出る」(服部昌孝)

「コーデのポイントは、「カジュアルダウン」ではなく「カジュアルアップ」。テック フリースに、 スポーツスタイル以外のアイテムを組み合わせ、コーデをアップグレードさせる。」(服部昌孝)

スタイリスト 服部昌孝 1985年生まれ。 静岡県浜松市出身

スタイリスト猪塚慶太氏に師事し、2012年独立。メンズ、レディース問わず、 エディトリアル、ブランドビジュアル、ランウェイ、 アーティスト等様々な ジャンルにおいて活動。2017年春夏東京コレクションにおいて「UMIT BENAN」の スタイリストに選ばれ、2017年春夏、秋冬では「BED j.w. FORD」のスタイリングを 2シーズン手掛けた。国内だけでなく、海外でも評価されている。

「テック フリースは襟が高めなのでジップを開けて、 インナーを見せてバランスを取るのがおすすめ」(服部昌孝)

p3_jp_fa17_nsw_techfleece_cdp_men_dt.jpg

こんなスタイリングもおすすめ

これまで自分が選ばなかったカラーやサイズも
試してみて、ジブンの新境地を開拓しよう。

ダブルジップを活かして、 インナーでも個性を発揮しよう。

p4_jp_fa17_nsw_techfleece_cdp_men_dt.png

機能性をもっと知り、キミにピッタリなテック フリースを選ぼう

滑らかで軽量な1ミリのフリース素材が、 気温が変動しやすい秋に最適な 軽やかで重ね着のしやすいスタイルを実現。

滑らかなジャージー素材と合成スペーサーを 組み合わせた独自のサーマル構造が、 熱を逃がさず、最適な暖かさをキープ。

商品説明

p5_jp_fa17_nsw_techfleece_cdp_men_dt.jpg

ナイキ スポーツウェア テック フリース メンズパーカー カラーブロックのスタイルで、モダンさを演出。

ナイキ スポーツウェア テック フリース ウィンドランナー メンズパーカー 立体裁断の袖、曲線的な縫い目、長めの袖が快適で 自然な動きを実現。

バイザー付き3ピースフードがカバー力を発揮。

大きく開くサイドのジップで、通気性を自由に調節可能。

V字デザインはアイコニックなナイキ ウィンドランナースタイル。

なめらかなジャージと人工的なスペーサーを組み合わせるこ とで、重量を増やすことなくぬくもりを閉じ込める。

p6_jp_fa17_nsw_techfleece_cdp_men_dt.jpg

ストリートスタイルにおすすめのボトムス

ナイキ スポーツウェア テック フリース メンズジョガー 定番の一本。現代的なテーパードシルエットが 身体にフィットし、快適な着用感が一日中持続。

ひざの切り替えが快適な着用感を提供

先細りのテーパードシルエットにより、現代的ですっきりとしたスタイルが実現。

テープで補強されたサイドポケットがデザインのポイントに。

ウエストバンドとドローコードで快適なフィット感に調節可能。

p7_jp_fa17_nsw_techfleece_cdp_men_dt.jpg

きれいめスタイルにおすすめのボトムス

ナイキ スポーツウェア テック フリース メンズパンツ シティユースにおすすめの一本。 短めの裾丈で、すっきりとした仕上がりに。

股下のサルエルシルエットが、モード感を演出。

くるぶし丈の短い裾丈で、シューズの個性をアピール。スニーカーやサンダルだけでなく、あらゆるシューズと相性抜群。

プリーツで隠されスッキリとしたフロントポケットと、便利なバックポケット

スナップボタンを採用し、より日常生活でも快適に。