カートに追加しました
ウィッシュリストに追加しました
あらゆる人に喜ばれるギフトを贈りましょう。
サイズ: 数量: 単価  
カートに商品がありません
nrc_trainingtips_14_p1_jp.jpg

ランの動きづくり

スキップを取り入れよう

目標のレースに向けて、カラダづくりは進んでいますか? 弱みを強みに変えるべく、まずはカラダの各部位にフォーカスしたワークアウトで筋力アップをはかることでカラダのベースをつくりましょう。

ランナーに必要なのは、鍛えたパートごとの筋力を走る動きでしっかりと使えるようにすること。様々なカラダの動きは、複数の筋肉が滑らかに連動し、動きを伝えていくことで出来上がります。この「連動」がうまくいかないと、せっかく鍛えた筋肉を活かしきることができません。

そこで、ランニングに役立つ動きをつくるドリルとして「スキップ」を取り入れてみましょう。子供でもできる簡単な動きに思えますが、足(膝)の引き上げや地面を蹴る強さによって、カラダが上がる高さも、感じる軽さも変化します。

また、スキップは足の動きだと思いがちですが、腕をしっかり降る(引く)ことによってより軽く重心を上に引き上げることができます。一見ランニングとは関係なく思えるドリルですが、カラダ全体を使ってよりダイナミックに動くことでランニングに役立つ動きを作っていきます。

ランニングを始めると距離やペース、タイムなど、数字を追うことに意識が行きがち。でも、フォームやカラダの使い方に意識を置いて、丁寧にトレーニングしていくことは結果的に数字を上げていくということを忘れないでください。

NRC マラソン トレーニングガイドへ