カートに追加しました
ウィッシュリストに追加しました
あらゆる人に喜ばれるギフトを贈りましょう。
サイズ: 数量: 単価  
カートに商品がありません

KOBE 11 止まらない革新

0101 KOBE DIGITAL NA P1 NEW.jpg

コービー・ブライアント 11個の格言

0101 KOBE DIGITAL WE P2.jpg

LESSON 01: 憎しみを愛せ

信念を貫きプレーする限り、 愛され、憎まれる。 受け入れろ。 楽しめ。 励め。 誰もが自分の意見を主張する権利を持つ。 もちろんキミにもそれは襲いかかる。 憎まれることは良いことだ。 優れたものを批判する人はいない。 彼らは偉大なものを妬むだけだ。

cm_kobe_01_love-hate_desktop-global_V6_04.jpg

ヒーローでもあり、悪役にもなる 声援だけではなく、罵声を浴びることもあった。 しかし、その雑音をすべて受け入れ、力に変えてきた。 私の耳には、それは音楽にしか聞こえない。 ブーイングも気にならない。全てが私を強くした。 特別な力を与えてくれた。 そして、脅威的な存在へと変えてくれた。

cm_kobe_01_love-hate_desktop-global_V6_05.jpg

どんな言葉も受け入れる 観客の声。評価のコメント。新聞や雑誌のコラム。罵りの言葉。 その全てが、一般席からコートサイドまで、至る場所から 聞こえてきた。多くの人が私を見下すためにお金を支払った。 苦労して稼いだお金をはたいてまで、私に大声で叫び続けた。 私はそれをひとつのサインとして捉えた。私がやって来た ことはなにひとつ間違っていなかったのだと。そして、野次を とばす観客に笑われることは一度たりとも無かった。

cm_kobe_01_love-hate_desktop-global_V6_06.jpg

失望させるのが好きだった。 夜を台無しにする役回りを楽しんだ。 コートに足を踏み入れた瞬間に敵側の不安を感じた。 とどめの一撃を下す決意を固めていた。 アリーナで相手の息の根を止めるほどの栄誉はない。
敵意を感じるとくつろげる。敵意は最高のもてなしだ。

0101 KOBE DIGITAL WE P6.jpg

失望させるのが好きだった。 夜を台無しにする役回りを楽しんだ。 コートに足を踏み入れた瞬間に敵側の不安を感じた。 とどめの一撃を下す決意を固めていた。 アリーナで相手の息の根を止めるほどの栄誉はない。 敵意を感じるとくつろげる。敵意は最高のもてなしだ。

cm_kobe_01_love-hate_desktop-global_V6_07.jpg

「愛されるか憎まれるか。最高のプレーヤーに なると決意した日、その中間はなくなった。」

0101 KOBE DIGITAL WE P8.jpg

コービ・ブライアントの格言

0101 KOBE DIGITAL WE P9.jpg

THE KOBE XI ELITE ACHILLES THE KOBE XI ELITE ACHILLES は、コービーの「憎しみを愛せ」 という想いをカタチにした一足。レッドカラーがコ―ビ―に 向けられた数々の愛を象徴し、ブラックカラーはコービーに 向けられた憎しみを表現。2つを融合することでコービーは ブラックマンバへと変貌を遂げた。